トライオードの【ヘッドホン】は前方定位の自然な音場が楽しめる独自技術を採用

ヘッドホン

トライオードの頭外定位ヘッドホン「CZ-10」は、二つのドライバーユニットのほかに、逆チャンネルの音を遅延再生するもう一つのドライバーユニットを搭載しているのが特徴。

CROSSZONE
CZ-10

前方定位の自然な音場が楽しめる独自技術を採用したヘッドホン

●発売日:4月1日
●価格:9万7200円

トライオードは、CROSSZONE社製の頭外定位ヘッドホン「CZ-10」の販売を開始した。二つのドライバーユニット(高域用23ミリ径+低域用35ミリ径)のほかに、逆チャンネルの音を遅延再生するもう一つのドライバーユニット(35ミリ径)を搭載しているのが特徴で、頭内定位ではなく、前方に定位する自然な音場を楽しめる。

また、着脱式の専用ケーブルは、プラグから8芯に分離させることで、優れたチャンネルセパレーションを実現している。再生周波数帯域は20~4万ヘルツ。別売のケーブルを使えば、バランス接続も可能。

●問い合わせ先:トライオード 048-940-3852

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

ヘッドホン
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース