マウスコンピューターの無線LANを内蔵した双方向の音声翻訳機「TL01」は、ボタンを押して話しかけるだけで、ネットワーク上の翻訳エンジンから翻訳結果を取得。音声で読み上げてくれるのが特徴。

マウスコンピューター
TL01 

15言語の双方向音声通訳が行える普及価格のコンパクト翻訳機

●発売日:2月15日
●価格:9698円

マウスコンピューターが、無線LANを内蔵した双方向の音声翻訳機「TL01」を発売した。ボタンを押して話しかけるだけで、ネットワーク上の翻訳エンジンから翻訳結果を取得し、音声で読み上げてくれるのが特徴。

画像1: 15言語の双方向音声通訳が行える普及価格のコンパクト翻訳機

ネットワークへの初期接続と翻訳言語の選択には、専用スマホアプリが必要だが、以後は本機単体で使える(ネットワーク接続環境は必要)。翻訳結果や履歴は、スマホアプリで確認可能だ。対応言語は、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、イタリア語、韓国語など15種類。内蔵バッテリーで約8時間利用できる。

画像2: 15言語の双方向音声通訳が行える普及価格のコンパクト翻訳機

●問い合わせ先:マウスコンピューター 03-6833-1010

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.