カメラ用のレンズキャップはメーカーやレンズによって口径がまちまちだ。レンズ交換の際の付け替えに手間がかかるし、紛失することも多々…。その不満点を解消したレンズキャップが「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」だ。様々なサイズのレンズにフィットし、大事なカメラレンズを守ってくれる。

カメラレンズをすっぽり包んで保護できるシリコン製のレンズキャップ

カメラ用のレンズキャップといえば、メーカーやレンズによって口径がまちまちで、レンズ交換する際に付け替えの手間がかかったり、紛失したりすることがままあった。そんな不満点を解消するのが、さまざまなサイズのレンズにフィットする「KUVRDユニバーサルレンズキャップ」。

ハンズエイド 
KUVRDユニバーサルレンズキャップ2.0

実売価格例:6700円~

●野外での撮影でレンズをしっかり守る

画像: 左がマイクロ(口径6センチ、高さ4.8センチ、重さ19.5グラム)右がマグナム(口径8センチ、高さ6.5センチ、重さ32グラム)。

左がマイクロ(口径6センチ、高さ4.8センチ、重さ19.5グラム)右がマグナム(口径8センチ、高さ6.5センチ、重さ32グラム)。

画像: レンズだけでなく、フラッシュなどのアクセサリーや折り畳みタイプのドローン(写真右)など、いろいろなアイテムの保護に使える。

レンズだけでなく、フラッシュなどのアクセサリーや折り畳みタイプのドローン(写真右)など、いろいろなアイテムの保護に使える。

水や砂ぼこりからレンズを保護し、シリコン製なので落下などの衝撃からもレンズを保護してくれる。2個で1セットになっており、レンズの上と下からかぶせれば、ズームリングや絞りリングのある側面までしっかり守ってくれる。

●サイトURL→https://www.makuake.com/project/universal-lens-cap/

※価格は記事作成時のものです。
文/編集部

This article is a sponsored article by
''.