【超軽量・2ウェイ仕様】パナソニックのハンディ・スティック掃除機「MC-SBU1F」をヨドバシカメラで体験!

掃除機

ハンディ型とスティック型の2通りの使い方がある掃除機「MC-SBU1F」をヨドバシカメラで体験してきた。実は、「アメトーーク!」で注目されたことから、指名買いする人で品薄状態になっているほど人気商品。ハンディの時は530g、スティック方の場合の重量は750gと、驚くほど軽いのも特徴。車などの狭い場所で威力を発揮する掃除機だ。

我ら!家電体験隊。 in ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラ 勝田泰幸マネージャー
ヨドバシカメラのカリスマ店員。プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

家電体験隊・女子部 部長:諏訪ケイコ
仕事と家事を切り盛りするライター。共働きおかんの目線で、商品に迫るわよ!

話題の家電や気になるサービスを、あなたの代わりに大チェック!
今回は、スリムすぎる掃除機に大注目よ!

今回トライしたのはハンディ・スティック掃除機

パナソニック
MC-SBU1F
実売価格例:2万800円

◯サイズ/【ハンディ時】幅55mm×高さ314mm×奥行き59mm、【スティック時】幅55mm×高さ1072mm×奥行き91mm
◯重量/【ハンディ時】530g、【スティック時】750g

コンパクトハンディ型とスティック型という2ウェイ掃除機。リチウムイオン電池を3本搭載し、4時間の充電で、HIGHモードなら約7分、LONGモードなら約30分の連続運転が可能。手首のひねりに合わせて、縦や横に角度が変化する先端ノズルも特徴的。

ハンディでも、スティックでも使える超スリムなコンパクト2ウェイ掃除機

バラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で注目されたヒット商品。若者の指名買いが多く、品薄状態が続いているとか。

ケイコ部長

何かしらこれ。 折り畳み傘? でも、ちょっと重いかなぁ。

勝田
マネージャー

こちらは、新型の掃除機になります。

ケイコ部長

えっ!?
だとしたら、劇的に軽いわ!

これが掃除機? と疑いたくなるほどコンパクトで、狭い部屋でも圧迫感なし。赤とグレー、オリーブという3色展開もカジュアル。

勝田
マネージャー

重さは530グラムで、このままハンディ掃除機として使えますが、パイプを付ければ、スティック型にもなります。それでも750グラムですよ。

ケイコ部長

ノズルの形も斬新じゃない? 縦に細長くて、靴を履いてるみたい。

狭いすき間は大得意。手首をひねるとノズルの角度も変わる。

勝田
マネージャー

すき間にもスッと入り込みます。広い場所を掃除したいときは、90度、横向きにもできますよ。

付属のすき間ノズルを装着すれば、ソファーやキーボードのゴミにも対応。

ケイコ部長

でも、部屋中の床を掃除するには、とんでもなく時間かかりそう〜(汗)

指1本で持てる軽量さ。フックにヒョイっと引っ掛けて省スペースに収納可。

勝田
マネージャー

それは難しいので、小回りの利く、サブ掃除機として使うのがおすすめです。本体にはストラップが付いていて、フックなどに吊り下げて収納できます。

ケイコ部長

何から何までカジュアル!
おもちゃメーカーとかが作ったのかな?

勝田
マネージャー

パナソニックの製品なんです。性能重視のラインアップが多い中、いい意味で肩の力が抜けた、新感覚の商品ですね。

ケイコ部長

となると、吸引力とかは期待できそうね!

勝田
マネージャー

その辺も含め、実際に使ってみましょう!

掃除モードは「強」と「弱」。操作部には充電残量やゴミの量も表示する。

紙パック不要でダストカップもフィルターも水洗いOK。容量は少なめ。

高性能な小型モーターで吸引力を確保。大粒のビーズも次々に吸い取る。

youtu.be

スティックでもしっかり吸引。フローリング溝の粉も残らずきれいに!

youtu.be

パナソニック「MC-SBU1F」のポイントはここ!

家に掃除機が2台あるのが当たり前の時代。商品の多様化が進む中、今まで置けなかった場所にも置ける、このカジュアルさはアリですね。サブ掃除機として、実力も十分です。

※価格は記事作成時のものです。
◆取材協力/ヨドバシカメラ 新宿西口本店
◆文/諏訪圭伊子
◆イラスト/松沢ゆきこ

掃除機調理家電
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース