【動画でチェック】タイガーの圧力IH炊飯器「炊きたて JPG-S100」を試してきた|家電体験隊inヨドバシカメラ

調理家電

伝統工芸品にも指定されている四日市萬古焼の内釜を搭載し、土鍋の蓄熱性&高火力で米のうまみを引き出す、タイガー「炊きたて JPG-S100」。一合炊飯を極める「一合料亭炊き」機能が話題の本機は、特殊製法で通常の土鍋の2倍の強度に作られているのも特長だ。

我ら!家電体験隊。 in ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラ 勝田泰幸マネージャー
ヨドバシカメラのカリスマ店員。プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

家電体験隊・女子部 部長:諏訪ケイコ
仕事と家事を切り盛りするライター。共働きおかんの目線で、商品に迫るわよ!

話題の家電や気になるサービスを、さまざまな角度から大検証!
今回は、画期的な仕組みを取り入れた炊飯器に大注目よ!

今回トライしたのは圧力IH炊飯器

タイガー
炊きたて JPG-S100
実売価格例:11万8670円

◯炊飯容量/1.0L(5.5合炊き)
◯サイズ/幅261mm×高さ220mm×奥行き325mm
◯重量/7.3kg

炊飯時に気泡が発生する土鍋の特性を生かし、米の表面を傷つけず、弾力とハリのある炊き上がりを実現。また、土鍋の蓄熱性と遠赤効果による280℃の高火力で、うまみと甘みを引き出す。”一合炊飯”を極める「一合料亭炊き」が話題。

内釜に中ぶたをして空間を狭くすることでおいしい1合炊きを実現!

炊飯器売り場では最も目立つ場所に展示。20~70歳代まで、幅広い層から引き合いがあるとか。

ケイコ部長

この炊飯器の内釜って土鍋なの?パッと見、そんな感じがしないわね。

勝田
マネージャー

伝統工芸品にも指定されている、四日市萬古焼です。土鍋で炊飯すると気泡が発生するので、お米どうしがぶつかり合わず、ハリのあるご飯が炊けるんです。

内釜全体を包み込む「遠赤特大土かまど」が、IHの熱をしっかり伝える。

大小二つのボールを使った可変圧力機能が、もっちりした食感を実現。

ケイコ部長

でも、土鍋って、割れやすかったりしない?

勝田
マネージャー

特殊製法で、通常の土鍋の2倍の強度に作られているので、案外頑丈です。特別に、落としてみますか?

内釜落下テスト

youtu.be

ケイコ部長

え、いいの? じゃあ、腰の高さから……。きゃー、「キーン」って甲高い音がした! でも、鍋は無傷!

土鍋の概念を超えた強度! 決定的瞬間は、↑動画を見てね☆

勝田
マネージャー

実際、割れによる返品率は0.1%以下とのことで、5年間の保証付きです。しかも、この内釜には専用の中ぶたも付いていますよ。

ケイコ部長

そうか。おひつとして使おうという魂胆ね!

炊飯空間が広すぎると熱が均一に伝わりにくくなり、イマイチな炊き上がりに。そんな少量炊き問題を、中ぶたで物理的に解決した。

勝田
マネージャー

それもありますが、空間を狭くすることで、1合のお米を炊飯するのに最適な状況を作るんです。

1合でも上手に炊けるから、たくさん炊いて冷凍しなくても大丈夫。

ケイコ部長

どれどれ。わっ、1合のご飯ウマー! ふっくらしてて甘みもあって、おはしが止まりましぇーん!

土鍋の泡で包み込んで沸騰させることで、米の表面を傷つけず、うまみを閉じ込める。

炊き込みご飯は、香ばしいおこげ付き。これも、土鍋炊飯の特徴の一つ。

勝田
マネージャー

ヨドバシカメラの社内で行ってる料理教室でも、おいしいと大好評でした。「ふだんは少量で十分だけど、来客時用に5合炊ける環境を残したい」といったニーズにもピッタリです。

画面はタッチパネル式。スマホのように直感的な操作でメニューが選べる。

外して洗えるパーツ。軽い力でも簡単にカチッとはまり、使い心地よし。

タイガー「炊きたて JPG-S100」のポイントはここ!

勝田マネージャー

中ぶたを使う方法は、シンプルですが伝わりやすく、お客さんの反応も上々です。少量で炊いたとは思えない驚きのおいしさなので、チャンスがあればぜひ味わってみてください!

※価格は記事作成時のものです。
◆取材協力/ヨドバシカメラ 新宿西口本店
◆文/諏訪圭伊子
◆イラスト/松沢ゆきこ

調理家電
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース