パナソニックが紙パック式のキャニスター掃除機「MC-PA120G」を発売した。モーター内蔵の「パワフル自走ノズル」採用だから軽い力で掃除できる。自走ノズルからマイナスイオンを放出、静電気で張り付いた微細なゴミやフローリングに付着した菌まで引きはがし、拭いたようにきれいになる。

パナソニック
MC-PA120G

マイナスイオン効果で、拭いたようにきれいにできる紙パック式掃除機

●発売日:8月下旬
●実売価格:4万5400円程度

パナソニックが、紙パック式のキャニスター掃除機「MC-PA120G」を発売した。モーター内蔵の「パワフル自走ノズル」を採用しており、軽い力で掃除できるのが特徴。しかも、自走ノズルからマイナスイオンを放出するので、静電気で張り付いた微細なゴミやフローリングに付着した菌まで引きはがし、拭いたようにきれいにできる。

画像1: マイナスイオン効果で、拭いたようにきれいにできる紙パック式掃除機

また、自走ノズルにあるペダルを踏むと、小型の子ノズルを抜き出せるので、スムーズにすき間掃除を行うことが可能だ。ほかに、20㎛の微細なハウスダストまで検知する「クリーンセンサー」も搭載。

画像2: マイナスイオン効果で、拭いたようにきれいにできる紙パック式掃除機

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-691

文/特選街編集部
※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

This article is a sponsored article by
''.