「本を売るなら」というキャッチフレーズで有名な「BOOKOFF(ブックオフ)」で、ついに電子マネーが導入されました。買取してもらった際のお金を、LINE Payなどの現金以外で受け取れることになり、キャッシュレス化の勢いが増していることが実感できます。本記事では、BOOKOFFでの「キャッシュレス受け取り」がどのような仕組みかをわかりやすく解説しました。参考にしてください。

BOOKOFF(ブックオフ)での買取代金を電子マネーで受け取れる

画像: 買取代金もキャッシュレスへ

買取代金もキャッシュレスへ

従来、BOOKOFFで買取してもらう際は、商品を持ち込んだ後に査定をしてもらい、査定終了後に現金で受け取るという形のみでした。

しかし今後は、電子マネーが導入されたことにより、査定時間を待つこともなく、後からキャッシュレスアプリに入金という方法が導入されたのです。

お店で受取コーススマホで受取コース
店内での待ち時間あり一切なし
受取方法現金電子マネー
特典なしBOOKOFFポイント

(参考:BOOKOFF公式サイトをもとに作成)

上記表のように、「スマホで受取コース」の場合、査定結果の確認や買取代金の受取をスマホで完了することが可能。つまり現金受取よりも時間の有効活用ができるということです。

画像: 「スマホで受取コース」利用フロー

「スマホで受取コース」利用フロー

利用できるキャッシュレスサービス一覧

今回BOOKOFFで導入されたキャッシュレスサービスは下記の通り。

  • LINE Pay
  • Kyash
  • Au WALLET

またキャッシュレス以外にも「赤い羽根共同募金」も導入しており、買取代金をそのまま寄付することもできます。

特典でBOOKOFFポイントが手に入る

「スマホで受取コース」を選択したユーザーには、特典として100ポイントが付与されます。期間限定のポイントではありますが、利用1回につき獲得できるので、買取代金を現金で受け取るよりもお得です。

画像: 特典でBOOKOFFポイントが手に入る

対応店舗

今回のキャッシュレスの対応店舗は、国内のBOOKOFFをはじめ、BOOKOFF PLUSなど125店舗。対応店舗は2020年3月に拡大予定とのことなので、今後もさらにキャッシュレス決済を導入していくことが予想されます。

◆折本陽太
専門商社での営業を経てフリーライターに。マネー・ビジネス分野が専門。取材から執筆、編集も手掛ける。

This article is a sponsored article by
''.