近年、さまざまなサービスで「サブスクリプション制」、略称で「サブスク」という提供形態が一般化しつつあります。最近よく聞くようになりましたが、そもそも「サブスクリプション」とはどのようなサービス形態なのでしょうか。今回は、サブスクの意味や仕組み、メリットやデメリットの解説にはじまり、おすすめのサブスクサービス一覧を、ジャンル別に厳選して紹介します。

①ジャンル別おすすめ
動画配信系のサブスク

動画といえば「Netflix」や「Amazon Prime Video」など、多くの方が利用しているサブスクリプションサービスでしょう。かつてはVOD(ビデオ・オン・デマンド)などと呼ばれ、映像コンテンツを都度レンタルする方式が主流でしたが、今では多くのコンテンツを月額制で観放題にしているサービスがほとんどです。

▼迷ったらコレ!
Amazon Prime Video
アマゾンプライムビデオ

動画系サブスクリプションサービスで最もおすすめなのが「Amazon Prime Video」です。世界的な通販サイトのAmazonの有料会員プランのオプション機能として、月額500円(税込)、年会費4,900円(税込)で提供されています。

そのため、普段あまり映画やドラマ、アニメなどを観ない方でもプライム特典の「ついで」として利用できることがメリットです。

Amazon Prime Videoの最大の魅力は、「映画やドラマ」「バラエティ」といった幅広いジャンルの動画が実質無料で見放題になることです。オリジナル作品にも力を入れており、例えば「ドキュメンタル」などは、Prime Videoオリジナルコンテンツにもかかわらず、高い人気を博しています。

ラインナップには、一部レンタル専用の作品もありますが、無料の範囲内で十分楽しむことができるでしょう。何より、他の動画系サブスクリプションサービスと比較して、月額500円(税込)で始められるAmazonプライムビデオは、非常にリーズナブルです。

「Netflixを契約するほど動画は観ないけど、たまには映画を観たい」という方や、「暇なときになんとなく映画やバラエティを流しておきたい」という方にはピッタリのサービスといえます。Amazonプライムについてもっと詳しく情報が知りたい方は、「Amazonプライムとは」を参考にしてください。

▼オリジナル作品多数!
Netflix
ネットフリックス

Netflix(ネットフリックス)は、全世界で約1億5,000万人以上のユーザー数を誇る、動画系のサブスクリプションサービスです。全3プランの中から1つ選んで契約し、配信されている動画が見放題になるといった仕組みになっています。

料金画質同時視聴
台数
ベーシック800円SD1
スタンダード1,200円HD2
プレミアム1,800円4K4

最大の特徴は、何といってもオリジナル作品のレベルの高さに尽きる!と言っても過言ではありません。本格的なドラマや映画が多数ラインナップされており、作品に対するコストパフォーマンスでは動画系サービスのなかでもトップクラスになっています。

海外ドラマの「ストレンジャー・シングス」や日本ドラマの「全裸監督」など、ネトフリ発の大ヒット作も多々存在し、他にも古今東西の名作映画やコアな人気を誇るアニメなど、ジャンルを問わず幅広い作品を楽しむことができます。

また、キッズ向けコンテンツも充実しているため、お子さんを抱えるファミリー層の方にもおすすめです。「子どもにはちょっと見せたくないかも…。」という作品も多々存在しますが、コンテンツのゾーニングも徹底されているため安心です。

▼注目の国産動画サブスク!
U-NEXT
ユーネクスト

Prime Video、Netflixが海外発のサービスなのに対し、日本発の動画サブスクとして人気を集めているのが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。「見放題作品数No.1」が特徴で、国内外の映画やドラマ、アニメ作品はもちろん、雑誌などの読み放題サービスや音楽系コンテンツの配信サービスなども備えています。U-NEXTで視聴可能なコンテンツは総計21万本以上にも上り、見放題以外の有料コンテンツも月々支給される1200円分のポイントを利用して実質無料で楽しむことができます。

映像コンテンツのジャンルは多岐にわたり、アイドル番組やバラエティ番組なども数多く取り揃えています。近年コロナ禍で注目された、音楽の無観客配信ライブのリアルタイム視聴などにもいち早く対応しており、今後もますますコンテンツの幅が拡がっていくことが予想されます。最新作の追加ペースなども、やはり他サービスの一歩先を進んでいる印象です。

月額料金は税抜1990円/月と若干割高な印象ですが、値段以上の満足度を得られる注目のサービスと言えるでしょう。

▼アニメを好きなだけ視聴
dアニメストア

ドコモが提供する「dアニメストア」は、アニメ作品に特化した月額400円(税別)の動画観放題サブスクリプションです。アニメ系作品が新旧ともに多く、他サービスではVOD(都度課金型の購入パッケージ)や、配信未対応のものもリストアップされています。

合計4200作品以上のアニメを好きなだけ視聴できるため、アニメ好きの方や近作の「鬼滅の刃」「呪術廻戦」などのヒット作からアニメに興味を持った方にオススメのサービスです。アニメ以外は配信されていない徹底ぶりで、声優コンテンツなども充実しています。

AmazonPrime内のオプションパッケージ「dアニメストア for Prime」や、ニコニコ動画内のプラン「dアニメストア ニコニコ支店」などで利用することもできるため、ジャンル特化型のサービスながら安価で使い勝手の良い側面もあります。初月無料で利用可能なため、まずはぜひお試しください。

▼ディズニー公式が運営
Disney+
ディズニープラス

Disney+(プラス)」は、ジャンル特化型の動画配信サービスです。ディズニー公式が運営しており、他では視聴しづらいディズニー・PIXAR系コンテンツを月額700円(税別)で好きなだけ視聴可能になっています。初月の利用は無料のため、「ファンというほどじゃないけどディズニーは好き」といった方も気軽にトライアル可能です。

ディズニー系列の版権コンテンツのほとんどが視聴可能で、20世紀スタジオやMARVEL作品、スター・ウォーズシリーズなどの人気作品はもちろん、ナショナルジオグラフィックなどのドキュメンタリー作品も楽しめます。映画館に足を運びづらい今だからこそ、世代を問わず家族で楽しめるラインナップに注目です。

▼フジテレビオンデマンド
FODプレミアム

フジテレビが提供する「FODプレミアム(フジテレビ・オンデマンド・プレミアム)」は、テレビ・バラエティ系のコンテンツに強いサブスクリプションです。フジ系列のドラマ・アニメ・映画・バラエティなどの過去放送分が888円(税抜)で観放題になり、最新作の見逃し配信にも対応しています。

特にドラマ作品のラインナップが充実しており、懐かしの名作や最近の話題作を気軽に視聴できることが魅力的です。利用で貯まるポイントを活かして、電子書籍などのコンテンツを利用することもできます。一人での視聴はもちろん、家族やパートナーとの団欒にも最適でしょう。

▼ライブスポーツ専門
DAZN
ダゾーン

「ドラマや映画より、スポーツ中継などの視聴が好き」という方には、ライブスポーツの専門チャンネルである「DAZN(ダゾーン)」の利用がオススメです。プロ野球やJリーグなどの試合中継や海外プロスポーツの映像などさまざまなコンテンツが登録されており、年間およそ1万試合以上が月額1925円(税込)で観放題になるサブスクリプションです。

競馬中継やeスポーツ、その他マイナースポーツの試合配信など、テレビや他のサービスでは中々見つけづらいジャンルも網羅していることが特徴で、好きなチームや球団などで絞り込み検索することもできます。通常の動画サブスクリプションとは若干毛色が異なりますが、スポーツ好きのために作り込まれた充実感は他を圧倒していると言えるでしょう。

②ジャンル別おすすめ
音楽系のサブスク

動画と同じく、多くの方が利用しているのが音楽系のサブスクです。Apple MusicとSpotifyが2大人気を誇っているため、他サービスの印象が薄めですが、前述の2つ以外にもおすすめのサービスが多々存在します。

▼国内最大のSNSアプリと連携!
LINE MUSIC
ラインミュージック

「LINE MUSIC(ラインミュージック)」は、コミュニケーションアプリの「LINE」が展開する音楽系サブスクリプションサービスです。月額960円(税込)、または年間9,600円(税込)で契約でき、約5,800万曲が聞き放題になる内容になっています。

画像: linecorp.com
linecorp.com

若年層をターゲットとしており、月額480円の学割プランを備えているのも他のサービスに無い特徴です。アーティストも邦楽を中心に懐メロやK-POPなど、流行の曲やカラオケの定番曲などを幅広くカバーしています。

また、LINEのホーム画面に自分の好きな曲を登録する「My BGM」機能を利用すれば、曲の一部をプロフィール情報として設定できます。思い出の曲の一番好きなサビを登録したり、今の気分に合った歌詞を流したりと使い方はさまざま。国内最大のコミュニケーションアプリだからこそできるユニークな機能がLINE MUSICの魅力です。

より詳しい情報を知りたい方は、「LINE MUSIC(ラインミュージック)とは」という記事を参考にしてください。

▼音楽マニアならこれ!
Spotify
スポティファイ

「知らない音楽ともっと出会いたい」「色々なジャンルを聴きたい」という人におすすめの音楽系サブスクが、月額980円(税込)で利用できる「Spotify(スポティファイ)」です。

5,000万曲以上を楽しめる豊富なラインナップはもちろん、海外を中心に世界各地の音楽をジャンルレスに楽しむことができるサービスで、特に音楽好きにはうれしい機能も多数備わっています。例えば、Spotifyの運営が公式に作成しているプレイリストには、ヒットソングだけでなくインディーズアーティストの独特な作品も多数収録されています。中には「Hyperpop」など、Spotify発の新ジャンルが生まれることもあり、最新の音楽シーンを常に追いかけていくことができます。

他のサービスでは視聴しにくい、テクノやHiphop、ワールド・ミュージックといったジャンルにもきわめて強く、関連アーティストをなんとなく辿るだけで、思わぬ出会いをすることも。独自のAIによるおすすめアーティストの自動提案機能は、おそらく全ての音楽系サブスクの中でも一番の精度を誇っているでしょう。

アーティストやインフルエンサーなどが、自作のプレイリストを公開することも珍しくなく、リスナーとの距離感が近く、SNS的な楽しみ方をできるのも、Spotifyならではの魅力です。音楽マニアの方はもちろん、今聴いている音楽に飽きてきた方や、刺激が欲しい方にもオススメしたいサービスです。

▼サブスクなのにハイレゾ配信!?
mora qualitas
モーラ クオリタス

音楽系サブスクは、便利な反面、どうしてもCDより音質の面で劣ってしまうデメリットが懸念材料でした。しかしながら、とうとう高音質のハイレゾ音源をサブスクで楽しめるサービス「mora qualitas(モーラクオリタス)」が登場しました。

月額1980円で、96kHz/24bitのハイレゾ音源や、CDと同等の音質を再現したロスレス音源(FLAC)を採用しており、ユーザー同士でプレイリストの共有ができる「リスナーネットワーク機能」やアーティストの情報を細かにまとめた「バイオグラフィ機能」など、より上質な音楽体験を気軽に楽しめる内容となっています。

メジャーな配信サービスに比べると楽曲数はやや少ないものの、自宅でも家でも最高クラスの音質で音楽を楽しめる注目のサービスです。

動画や音楽以外にも、さまざまなサービスがサブスクリプション型のプランを採用しています。中には「こんなものまで!?」というユニークなものも。ここからは、いわゆるWebサービス系とも異なる独特なサブスクサービスをご紹介します。

▼iOS標準の音楽系サブスク
Apple Music
アップルミュージック

iPhoneユーザーならお馴染みの「Apple Music(アップルミュージック)」は、iOS標準の音楽系サブスクリプションです。約7000万曲のライブラリを月額980円で利用でき、学割やファミリープランなども完備されています。

同じくシェアの高いSpotifyと同様、プレイリスト機能やオススメの自動提案機能なども完備。世界各国でのジャンル別再生数ランキングや24時間配信のラジオチャンネルといった独自コンテンツも充実しています。iOSとの連携力も高く、Macユーザーの方やiPhone・iPadユーザーの方なら間違いないサービス内容です。

▼通常のYouTubeとは別物
YouTube Music
ユーチューブミュージック

一方、Androidユーザーにオススメの音楽系サブスクといえば、Googleが提供する「YouTube Music(ユーチューブミュージック)」の名が挙がります。従来はGoogle Play Musicと別サービス扱いでしたが、そちらは2020年末にサービスを終了。YouTubeの同プランへと完全移行を果たしました。

通常のYouTubeアプリとは別物として扱われており、特に音楽の視聴に特化した設計となっています。無料プランも存在しますが、やはりサービスの充実度からオススメなのはプレミアムです。月額980円(税込)で再生時の広告を除去しつつ、音質のカスタムやダウンロード再生、バックグラウンド再生にも対応できます。

また、更に上位の「YouTube Premium」へ登録すれば、音楽系のコンテンツだけでなく全てのYouTube動画が視聴し放題になります。無料で使えることを考えれば月額1280円とやや高価ですが、普段再生時に抱えるストレスが一切無くなるため実際に使うことで魅力がわかるサービスです。

This article is a sponsored article by
''.