「TAIKO-1」は、ストラップを肩にかけて担ぐ「担ぎ桶」スタイルの電子和太鼓。桶胴太鼓、長胴太鼓、締太鼓など、1台でさまざまな種類の太鼓を演奏できる。各パーツを分解してコンパクトに収納、重量は4.5キロだから持ち運びも楽。打撃音は静かで、ヘッドホンを使って練習可能だ。

さまざまな種類の太鼓の音色が一台で演奏できる電子和太鼓

さまざまな電子楽器を発売してきたローランドが、ついに和太鼓のデジタル化を実現。今夏に発売される「TAIKO-1」は、桶胴太鼓、長胴太鼓、締太鼓など、1台でさまざまな種類の太鼓を演奏可能。

打点位置検出機能により、叩く位置によって自然に音色が変化。さらに、拍子木や太鼓以外の鳴り物、掛け声などの音色も搭載している。

ローランド
TAIKO-1

予想実売価格:12万9000円(税別)

スマホともブルートゥースでつながる

画像: さまざまな種類の太鼓の音色が一台で演奏できる電子和太鼓

本体は、ストラップを肩にかけて担ぐ「担ぎ桶」スタイルで、重量は4.5キロ。

各パーツを分解してコンパクトに収納できるので、持ち運びも楽。打撃音は静かで、ヘッドホンを使って練習することもできる。

USBメモリーでオーディオファイルを取り込んで、そのサウンドに合わせて練習することも可能だ。

サイトURL
https://www.roland.com/jp/products/taiko-1/

※価格は記事作成時のものです。

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.