東芝映像ソリューションは、「4K液晶レグザ」の最上位モデルとして、「Z740X series」を発売した。新開発の「レグザエンジンCloud PRO」を搭載しているのが特徴で、クラウドと連係しながら、コンテンツに合った最高の画質で再生が行える。

東芝 
4K液晶レグザ Z740X series

●実売価格:●発売日:2月21日(50V型は、5月下旬)
●実売価格:65V型=32万円程度、55V型=23万1000円
 50V型=19万8000円程度(予想)

東芝映像ソリューションは、「4K液晶レグザ」の最上位モデルとして、「Z740X series」を発売した。新開発の「レグザエンジンCloud PRO」を搭載しているのが特徴で、クラウドと連係しながら、コンテンツに合った最高の画質で再生が行える。また、タイムシフトマシン機能を装備しているから、対応ハードディスク(別売)を接続すれば、チャンネル丸ごと録画も可能だ。

画像: 東芝 4K液晶レグザ Z740X series

ほかに、臨場感あふれるサウンドを実現する「重低音バズーカオーディオシステムPRO」、4Kダブルチューナーなども搭載。画面サイズは、65V型、55V型、50V型。

●問い合わせ先:東芝映像ソリューション 0120-97-9674

※この記事は『特選街』2020年4月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.