今年の4Kブラビアが元気だ。液晶、有機ELを合わせ計16機種もの4Kテレビが発表された。有機EL初の48V型モデル「A9S」は、7月25日の発売が正式決定。現段階では、横幅106.9センチと最もコンパクトな4Kチューナー内蔵の有機ELテレビだ。

有機ELとして最小画面の48V型ほかソニーの4Kテレビが充実の新布陣

ソニーから液晶、有機ELを合わせて、計16機種もの4Kテレビが発表された。有機ELは、普及ラインのA8Hが新登場(高級ラインのA9Gは継続販売)。さらに、噂されていた有機EL初の48V型モデル、A9Sも7月25日の発売が正式に決まった。横幅106.9センチの省スペース設計で、現段階で最もコンパクトな4Kチューナー内蔵有機ELテレビとなる。

A8H、A9Sは、いずれも4Kダブルチューナーを内蔵し、画質プロセッサーとして最高峰のX1 Ultimateを投入。色鮮やかに見せる深みのある映像も健在で、特に2K放送の画質向上が印象的だ。

有機ELパネルを振動させて音を出す独自のアコースティック サーフェス オーディオも搭載し、実際、映像から沸き上がるように聴こえるサウンドは、聴きごたえがある。

48A9Sの実売価格は25万円程度で、画面サイズからすると割高感があるが、凝縮された緻密な4K映像は唯一無二のもの。今後、他社からも同サイズの製品が登場する予定だが、先陣を切った形だ。

4K液晶テレビは、有機ELと同じ映像エンジン、X1 Ultimateを投じたX9500Hを筆頭に、Ⅹ8550H、X8500H、Ⅹ8000Hという構成で、すべて4Kダブルチューナーを備える。

高級機のX9500Hでは、高コントラスト映像が持ち味のVA液晶を採用。視野角による画質変化が少ないIPS液晶を搭載した8000番台とはパネルを使い分けている(49X8500HのみVA液晶)。さらに、X9500Hには、バックライトの部分駆動に加えて、独自の広視野角技術、X-Wide Angle(ワイド アングル)を投じている(49V型は非搭載)。

今年の4Kブラビアは元気だ。

ソニー
KJ-48A9S(A9Sシリーズ)など

実売価格例:25万3000円(KJ-48A9S)

待望の48V型4K有機ELが登場!

画像: パネルとしての基本性能は55V、65V型と同等。画質プロセッサーも、最高峰のX1 Ultimateをおごり、絵柄に応じた画像処理や滑らかな色表現を実現。映像から音が出るという独自の音響技術、アコースティック サーフェス オーディオも搭載する。

パネルとしての基本性能は55V、65V型と同等。画質プロセッサーも、最高峰のX1 Ultimateをおごり、絵柄に応じた画像処理や滑らかな色表現を実現。映像から音が出るという独自の音響技術、アコースティック サーフェス オーディオも搭載する。

画像: 4K液晶ブラビアの最高峰となるKJ-55X9500H。55V型として初搭載の広視野角技術、X-Wide Angleにより、画質の安定性を高めた。

4K液晶ブラビアの最高峰となるKJ-55X9500H。55V型として初搭載の広視野角技術、X-Wide Angleにより、画質の安定性を高めた。

16機種もの新機種が続々登場!

タイプシリーズ名サイズ
有機ELA8H65v 55v
A9S48v
液晶AX9500H75v 65v 55v 49v
X8550H65v 55v
X8500H49v 43v
X8000H75v 65v 55v 49v 43v
48V型有機ELなど、16モデルの4Kテレビを発表。(発売は秋まで順次)。
現行の4K、8Kブラビアは計23機種となる。

※価格は記事作成時のものです。

文/藤原陽祐(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.