最大10杯分の抽出ができるドリップコーヒーメーカーが便利だ。今回テストした「クレシドラ ドリップコーヒーメーカー」(デロンギ)は、水とコーヒー粉をセットしたら、前面下部にあるモードボタンを選んで押すだけ。意外と重宝する「アイスコーヒーモード」もあってうれしい。

今回のテストアイテムはこちら
デロンギ
クレシドラ ドリップコーヒーメーカー

実売価格例:2万7280円

●プロフィール
最大10杯分の抽出ができるドリップコーヒーメーカー。上部に大型の水タンクを配置するスタイルが特徴的。「ECBC」(ヨーロッパコーヒーブリューイングセンター)の認証を取得した、高精度の抽出技術を搭載している。

画像: 本体上部に水タンクを配置した、砂時計のようなフォルム。 本体の高さは30センチ以上あり、水は上部から注ぎ入れるため、 設置時は、上部の空間を広めに確保したい。

本体上部に水タンクを配置した、砂時計のようなフォルム。 本体の高さは30センチ以上あり、水は上部から注ぎ入れるため、 設置時は、上部の空間を広めに確保したい。

画像: ◀︎抽出したコーヒーを氷ですぐに冷やすことで、スッキリしながらもコクは豊か。

◀︎抽出したコーヒーを氷ですぐに冷やすことで、スッキリしながらもコクは豊か。

SPEC
●抽出杯数/2~10杯(アイスコーヒーは4~8杯)●水タンク容量/1.25L●ガラスジャグ容量/1.25L●消費電力/1200W●コード長/1.8m●サイズ/幅190㎜×高さ335㎜×奥行き285㎜●重量/2.5kg

抽出温度を精密に制御する「ECBCモード」

まず、本製品にはミル機能は搭載されていない。あらかじめ挽いてあるコーヒー豆を、ペーパーフィルターとともにホルダーにセットして、コーヒーを抽出するタイプだ。

抽出モードは、三つ搭載。一つが「ECBC認証モード」。92〜96℃の抽出温度や抽出時間を精密にコントロールしてコーヒーをドリップする。

二つめが、ハンドドリップを再現する「プアオーバーモード」。ワンタッチで香り高く、深みのあるコーヒーが楽しめる。いずれも、抽出杯数は2〜10杯。

三つめが、蒸らしながら濃いめに抽出する「アイスコーヒーモード」。ガラスジャグに氷を入れておくことで、抽出されたコーヒーを急冷し、コク豊かなアイスコーヒーに仕上げるという。抽出杯数は4〜8杯。

本製品の構造的な特徴としては、水タンクが本体上部に配置されていること。水タンクと加熱部が一体になっており、取り外しはできないため、給水時は、付属のガラスジャグを使って水を注ぎ入れることになる。

そのガラスジャグは、抽出杯数が多いことに加え、内部にフィルターホルダーを取り付けるので、それなりのサイズ感がある。

■ガラスジャグにフィルターをセット

画像: ガラスジャグの内部にペーパーフィルターとホルダーをセットして、そこにコーヒー粉を投入する仕組み。最大10杯分のコーヒーが抽出できる。

ガラスジャグの内部にペーパーフィルターとホルダーをセットして、そこにコーヒー粉を投入する仕組み。最大10杯分のコーヒーが抽出できる。

本体が大きいので、置き場所に注意

水とコーヒー粉をセットしたら、前面下部にあるモードボタンを選んで押すだけ。ECBC認証モードとプアオーバーモードは、後者のほうがやや濃いめかなという印象で、大きな違いは感じられなかった。

アイスコーヒーモードでは、右側のモードボタンを2回押す。その味は、スッキリとしていて飲みやすく、コクも豊かだった。

本体サイズが大きく、設置場所は気になるところだが、たっぷり10杯分のコーヒーをおいしく淹れられるのは非常に魅力的。サイズが許容できるなら選択肢になる。

■抽出したコーヒーを氷で急冷

画像: 濃いめに抽出するアイスコーヒーモードを搭載。カップ数に合わせた量の氷をガラスジャグに入れておくことで、抽出したコーヒーを素早く冷やすことができる。

濃いめに抽出するアイスコーヒーモードを搭載。カップ数に合わせた量の氷をガラスジャグに入れておくことで、抽出したコーヒーを素早く冷やすことができる。

おすすめ度…B+

高レベルに抽出する3モードを搭載。コク豊かなアイスコーヒーも楽しめる

ココが○

大量のコーヒーをおいしく淹れられるのは便利。コーヒー自体も雑味がなく、スッキリとした味わいだ。アイスコーヒーモードも重宝する。

ココが×

本体が非常に大きく背も高いため、置き場所をかなり選ぶ。また、水タンクが取り外せないため、水を注ぐ手間が二度になってしまう。

※価格は記事作成時のものです。
解説/コヤマタカヒロ(デジタル&家電ライター)

This article is a sponsored article by
''.