ハイセンスジャパンは、4K液晶テレビの新製品として、新4K衛星放送用チューナー内蔵の「U7Fシリーズ」を発売した。東芝映像ソリューションと共同開発した先進の映像エンジン「NEOエンジン 2020」を搭載しているのが特徴で、階調表現に優れた精細で滑らかな映像を再現できる。

ハイセンス 
U7Fシリーズ

●実売価格:65V型=15万4000円程度、55V型=11万円程度、50V型=9万9000円程度、43V型=8万8000円程度

ハイセンスジャパンは、4K液晶テレビの新製品として、新4K衛星放送用チューナー内蔵の「U7Fシリーズ」を発売した。東芝映像ソリューションと共同開発した先進の映像エンジン「NEOエンジン 2020」を搭載しているのが特徴で、階調表現に優れた精細で滑らかな映像を再現できる。

画像: 65U7F

65U7F

また、輝度を引き上げる「バックライトブーストフィルム」により、豊かなコントラストも実現している。ほかに、視野角を広げる「ワイドビューアングル」、音場を最適化する音響補正技術なども搭載。画面サイズは、65V型、55V型、50V型、43V型。

●問い合わせ先:ハイセンスジャパン 0120-835-111

※この記事は『特選街』2020年7月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.