シャープから、縦型洗濯乾燥機の新製品が発売された。AIoT機能を備えているのが特徴で、クラウドサービス「COCORO WASH」を利用すれば、天気や季節に合わせた洗濯方法を入手したり、専用コースを新たに設定したりできる。

シャープ 
ES-PW11E/PW10E/PW8E

●実売価格:PW11E=24万円程度 PW10E=23万7400円程度 PW8E=20万7000円程度

シャープは、縦型洗濯乾燥機の新製品として、「ES-PW11E」(洗濯容量11キロ)、「同PW10E」(10キロ)、「同PW8E」(8キロ)を発売した。AIoT機能を備えているのが特徴で、クラウドサービス「COCORO WASH」を利用すれば、天気や季節に合わせた洗濯方法を入手したり、専用コースを新たに設定したりできる。

画像: ES-PW11E

ES-PW11E

さらに、好みを学習する「AI標準コース」も新搭載。運転後にアプリで仕上がりを評価すると、その回答を次回以降の運転制御に反映してくれる。また、プラズマクラスターイオンを使って、衣類の除菌・消臭も行える。

●問い合わせ先:シャープ 0120-078-178

※この記事は『特選街』2020年9月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.