日立グローバルライフソリューションズは、IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」の最新モデルを発売した。独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」を引き続き採用し、"外硬内軟"のおいしいご飯を炊くことができる。また、酢と合わせることを前提にした「極上すしめし」コースも新たに搭載した。

日立 
ふっくら御膳 RZ-W100DM/V100DM

●実売価格:W100DM=8万7000円程度 V100DM=5万9700円程度

日立グローバルライフソリューションズは、IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」の最新モデルとして、「RZ-W100DM」と「同V100DM」を発売した。

画像: RZ-W100DM

RZ-W100DM

どちらも、独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」を引き続き採用しており、京都の老舗米屋「八代目儀兵衛」が理想とする"外硬内軟"のおいしいご飯を炊くことができる。

画像: ※極上一粒炊きのイメージ図

※極上一粒炊きのイメージ図

また、酢と合わせることを前提にした「極上すしめし」コースも新たに搭載している。上位機種の「W100DM」は、雑穀米・玄米・麦ごはんコースも搭載。バックライト付き大型液晶も備えている。炊飯容量は、ともに5.5合。

●問い合わせ先:日立グローバルライフソリューションズ 0120-3121-11

※この記事は『特選街』2020年9月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.