JVCケンウッドが、2カメラドライブレコーダーの最上位モデル「DRV-MR8500」を発売した。新機能「AIセンシング」を搭載しているのが特徴で、後方車両のあおり運転(急接近や蛇行)を検知したら、警告音と画面表示で知らせるとともに、映像を保存してくれる。

ケンウッド 
DRV-MR8500

●実売価格:4万6400円程度

JVCケンウッドが、2カメラドライブレコーダーの最上位モデル「DRV-MR8500」を発売した。新機能「AIセンシング」を搭載しているのが特徴で、後方車両のあおり運転(急接近や蛇行)を検知したら、警告音と画面表示で知らせるとともに、映像を保存してくれる。

画像: 右がリアカメラ

右がリアカメラ

基本性能も高く、前・後のカメラに、超高感度CMOSセンサー「STARVIS」と明るいF1.6レンズを搭載。暗い環境でも、WQHD画質(2560ドット×1440ドット)の鮮明な映像を記録できる。また、microSDスロットを2基備えているから、2枚のカードでのリレー録画が可能だ。

●問い合わせ先:JVCケンウッド 0120-2727-87

※この記事は『特選街』2020年11月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.