東芝エルイートレーディングは、「Aurexシリーズ」の新製品として、CDラジカセ「TY-AK2」を発売した。音源の解像度を拡張する「アップコンバート」機能を装備しており、CDやMP3などの圧縮音源はもちろん、カセットテープに保存したライブラリー音源も、ハイレゾ相当の高音質で楽しめる。また、CDラジカセとして初めて、ブルートゥース送受信機能も搭載。

Aurex 
TY-AK2

●実売価格:3万円程度

東芝エルイートレーディングは、「Aurexシリーズ」の新製品として、CDラジカセ「TY-AK2」を発売した。

画像1: Aurex TY-AK2

音源の解像度を拡張する「アップコンバート」機能を装備しており、CDやMP3などの圧縮音源はもちろん、カセットテープに保存したライブラリー音源も、ハイレゾ相当の高音質で楽しめる。また、CDラジカセとして初めて、ブルートゥース送受信機能も搭載。

画像2: Aurex TY-AK2

スマホやタブレットに保存した音楽を本機で再生できるだけでなく、本機で再生している音をブルートゥースヘッドホンなどで聴くことも可能だ。出力は20ワット×2。

●問い合わせ先:東芝エルイートレーディング 0120-28-0488

※この記事は『特選街』2020年12月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.