【新型Mac】Big Sur搭載で親やすさアップ!M1チップ搭載の最新3機種をチェック

Mac

新型MacはCPUを従来のインテル製から自社製の「M1」チップに変更。「CPU性能は最大3.5倍、グラフィック性能は最大6倍高速」のうたい文句どおり、従来のMacを大幅に凌駕する高速動作を実現。コスパも優秀だ。

アップル独自のCPU採用で話題のMacってどう?

新型Macはいつでも熱視線を注がれるものだが、2020年11月にリリースされた最新モデル3機種は近年にない大刷新を遂げている。

外観こそ前モデルと大きな違いはないが、CPUを従来のインテル製から自社製の「M1」チップに変更。新CPUは性能向上が過大に吹聴されがちだが、M1チップについてはそんな誇張は一切ない。

前モデルより「CPU性能は最大3.5倍、グラフィック性能は最大6倍高速」のうたい文句どおり、従来のMacを大幅に凌駕する高速動作を実現。しかも、新チップ採用の恩恵は省電力にも大きく寄与し、これまでの最大2倍の動作時間を可能としている。

さらに、新型Mac発売に合わせてmacOSも最新の「Big Sur」にメジャーアップデート。iPhoneふうのアイコンデザインやコントロールセンターなどが取り入れられて、親しみやすさがますますアップしている。

気になる販売価格も、MacBook Airなら、11万5280円から購入可能とコスパも優秀。Windowsにこだわりがなければ、今回の新型Macに乗り替える価値は大いにある。

14年ぶりに自社製CPUを投入!

Mac内蔵アプリなど、M1チップ向けの「ユニバーサルアプリ」は極めて俊敏に動作する。

macOSも「Big Sur」で使いやすく変身

最新バージョンの「Big Sur」では、iOSふうのアイコンやコントロールセンターなどを導入。パソコン操作に不慣れな人でもいっそう親しみやすくなった。

Macの主なラインアップ

MacBook Air
11万5280円~

ライトユーザー向け。画面サイズ13.3型でCPUはM1版とインテル版がある。

13インチ MacBook Pro
14万8280円~

13.3型ハイスペックMacBook。M1チップ版のほか、インテル版モデルも用意。

16インチ MacBook Pro
27万3680円~

ハイスペック仕様の16.0型MacBook。ラインアップは、インテル版のみだ。

iMac
13万2880円~

画面一体型のデスクトップ。CPUはインテル製のみで、21.5型と27型がある。

Mac mini
8万80円~

19.7センチ角のミニパソコン。M1チップ版のほか、インテル版モデルも用意。

MacとWindowsの現状比較

Mac Windows
アップルが開発するmacOSを採用。最新バージョンはmacOS Big Surで、19年ぶりの大型バージョンアップ OS マイクロソフトが開発。2015年以降はWindows 10の名称のまま、中身がバージョンアップされている
アップルのみ メーカー さまざまなメーカーから発売
インテル製に加え、アップル製のM1が追加された CPU 主にインテル製および互換CPU
Windowsほどではないが、十分なラインアップ アプリ メーカー、製品数とも非常に多い

執筆時点で、M1チップ搭載機は「MacBook Air」「13インチMacBook Pro」「Mac mini」の3モデル。従来のインテルCPU搭載モデルも併売されているので、混同しないように注意しよう。

「M1」チップ搭載Mac 3機種をチェック!

MacBook Air

実売価格例:11万5280円~
CPU Apple M1
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレイ 13.3型 2560ドット×1600ドット
幅304.1mm×高さ4.1~16.1mm×奥行き212.4mm・1.29kg

左側面に2基のThunderbolt 3(USB4)端子、右側面にヘッドホン端子を搭載。Thunderbolt 3端子は最大40Gビットの高速データ通信のほか、本体の充電や映像出力もこなせる。

MacBookのエントリー機的存在ながら、パフォーマンスは上々!

2560ドット×1600ドットのRetinaディスプレイを搭載した13.3型ノート。新開発のM1チップにより、8Gバイトのメモリーでもインテル版から大きく高速化を果たし、最大3.5倍もの処理性能を実現している。バッテリー駆動は最大18時間、重量は1.29キロとモバイル性能も高い。ストレージにはSSDを採用し、256G/512G/1T/2Tバイトから選択可能だ。

13インチMacBook Pro

実売価格例:14万8280円~
CPU Apple M1
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレイ 13.3型 2560ドット×1600ドット
幅304.1mm×高さ15.6mm×奥行き212.4mm・1.4kg

左側面に2基のThunderbolt 3(USB4)端子、右側面にヘッドホン端子を搭載。端子類はAirと同等の構成だ。厚みは1.56センチと、Airより0.05センチほど薄い。

処理速度もグラフィック性能も最高のレスポンスを満喫できる!

MacBookで現在、最高の性能を誇る13.3型ノート。2560ドット×1600ドットの高解像度ディスプレイを備えるほか、CPUはM1チップ、メモリーは8Gバイトを搭載し、描画性能はインテル版の最大5倍と、4K動画の編集も余裕でこなせる。ストレージにはSSDを採用し、256G/512G/1T/2Tバイトから選択可能。MacBook Airとの違いはTouch Bar付きキーボードなどだ。

Mac mini

実売価格例:8万800円~
CPU Apple M1
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
幅197mm×高さ36mm×奥行き197mm・1.2kg

Thunderbolt 3やHDMI、有線LANなど、端子類はすべて本体背面に備わっている。さらに、デスクトップ機では省かれがちな内蔵スピーカーを備えている点も何かと重宝する。

サイズは小さくても処理性能はパワフルで、高負荷な作業も快適!

19.7センチ角の極小筐体を採用したミニパソコン。M1チップ搭載による高い処理性能に加えて、デスクトップ機ならではの高い拡張性も確保。Thunderbolt 3(USB4)端子2基のほか、USB Type-A端子2基、HDMI2.0端子、有線LANと豊富な端子を取りそろえている。ストレージにはSSDを採用し、最大2Tバイトまで選択可能だ。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/篠原義夫(ガジェットライター)

Macパソコン
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース