ヤマハは、ホームシアター機器の新製品として、エントリークラスのサウンドバー「SR-B20A」を発売した。コンパクトなボディに6基のスピーカーユニットを搭載しており、一台で臨場感あサウンドを再生できるのが特徴。バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」にも対応している。

ヤマハ
SR-B20A

●実売価格:2万6800円程度

ヤマハは、ホームシアター機器の新製品として、エントリークラスのサウンドバー「SR-B20A」を発売した。コンパクトなボディに6基のスピーカーユニット(フルレンジ、ツイーター、サブウーハー各2)を搭載しており、一台で臨場感あサウンドを再生できるのが特徴。

画像: ヤマハ SR-B20A

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」にも対応しているから、高さ方向の音まで再現する本格的な立体音響も手軽に楽しめる。人の声を聴きやすくする「クリアボイス」機能、低音を増強する「バスエクステンション」機能、ブルートゥースなども搭載。

●問い合わせ先:ヤマハ 0570-011-808

※この記事は『特選街』2021年7月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.