「Zoom」や「Google Meet」などでビデオ会議をする際に、自分の部屋が丸見えになることに抵抗感がある人はきっと多いはずだ。そんなときに重宝するのが、ビデオ会議アプリの「バーチャル背景」機能。グリーンバックの合成よろしく、自分の背後に写り込んだ部屋を自然写真やおしゃれなカフェなど、見栄えのいい背景に変更してくれる。デフォルトの背景には数に限りがある点がネックだが、背景を追加して使うならバリエーションを色々と増やせる。今回は、てっとり早く使える無料のバーチャル背景を厳選して紹介するので、ビデオ会議の模様替えにチャレンジしてみよう。

バーチャル背景を変更するメリットとは?

普通に考えれば、自分の部屋をあけっぴろげに見せられる相手は、家族や友人など、よほど親しい人に限るものだろう。「プライバシー」とは、第三者にみだりに干渉されないからこそのプライバシーであって、そうした前提が崩れると、どうしても居心地の悪い気分にさせられるものだ。したがって、モニター越しとはいえ、会社の同僚や知人などに自分の部屋を見せるのは、なんとなく抵抗感があって当然だといえる。

そうした気後れを無意識に感じていると、会議にうまく集中できなかったり、話し合いも盛り上がらなかったりする可能性もあり得る。たかがビデオ会議の背景と侮っていると、意外に手痛いしっぺ返しを受けかねない。

しかし、ご心配なく。というのも、メジャーなビデオ会議サービスでは、基本的に背景を変更できる機能を搭載しているからだ。これを「バーチャル背景」といい、具体的には、自分の背後に写り込んだ部屋を、別の写真やイラストなど、見栄えのいいシーンに置き換えてくれる。

画像: 通常、バーチャル背景機能には、複数の背景データがプリセットされているので、直ちに利用可能だ。 support.zoom.us

通常、バーチャル背景機能には、複数の背景データがプリセットされているので、直ちに利用可能だ。

support.zoom.us

バーチャル背景を利用すれば、当然、自室を見せる必要もなくなるから、大切なプライバシーをしっかりと守ることができる。変な気後れもすることもなく、相手との話し合いも円滑に進められるはずだ。

なかには「ほかの参加者と背景の内容がかぶるのではないか」と気にする人もいるかもしれないが、その点もご心配なく。ビデオ会議サービスではデフォルトの背景データのほか、好きな画像も追加可能。例えば、写真やイラストなどを背景として利用することもできる。

ビデオ会議のバーチャル背景を追加するには?

バーチャル背景の追加は通常、ビデオ会議アプリの「動画(ビデオ)設定」や「背景設定」などから行うことができる。特に難しい作業ではないが、パソコンの操作に苦手意識のあるビギナーには、少々ハードルが高く感じる場合もあるだろう。

そこで本節では、人気のビデオ会議アプリ4本について、それぞれバーチャル背景の変更方法を解説していく。説明の手順に沿って操作していけば、簡単に背景を追加できるはずだ。

Zoomの場合

まずZoomアプリを起動して、画面右上の設定アイコンをクリックする。

画像1: Zoomの場合

設定画面から「背景とフィルター」を開く。

画像2: Zoomの場合

バーチャル背景一覧の右上にある「+」→「画像を追加」をクリックする。

画像3: Zoomの場合

背景用画像を保存したフォルダーから目的のファイルを選択し、「開く」をクリックする。

画像4: Zoomの場合

バーチャル背景として適用される。

画像5: Zoomの場合

Microsoft Teamsの場合

まずMicrosoft Teamsを起動。次に会議を開いて、プレビュー画面下の「背景フィルター」をクリックする。

画像1: Microsoft Teamsの場合

画面右の「背景の設定」から「+新規追加」をクリック。

画像2: Microsoft Teamsの場合

背景用画像を保存したフォルダーから目的のファイルを選択し、「開く」をクリックする。

画像3: Microsoft Teamsの場合

バーチャル背景として適用される。

画像4: Microsoft Teamsの場合

Skypeの場合

まずSykpeアプリを起動し、「…」→「設定」を開く。

画像1: Skypeの場合

設定項目から「音声/ビデオ」をクリック。

画像2: Skypeの場合

「背景効果を選択する」から「…」をクリックする。

画像3: Skypeの場合

「自分の背景」から「+」をクリック。

画像4: Skypeの場合

背景用画像を保存したフォルダーから目的のファイルを選択し、「開く」をクリックする。

画像5: Skypeの場合

選択した背景が登録されたら、「←」をクリックして前の画面に戻る。

画像6: Skypeの場合

バーチャル背景が適用される。

画像7: Skypeの場合

Google Meetの場合

ブラウザーからGoogle Meetにアクセスし、画面下の「その他のオプション」アイコンをクリックする。

画像1: Google Meetの場合

オプションから「背景を変更」をクリック。

画像2: Google Meetの場合

背景の一覧にある「+」アイコンをクリックする。

画像3: Google Meetの場合

背景用画像を保存したフォルダーから目的のファイルを選択し、「開く」をクリックする。

画像4: Google Meetの場合

バーチャル背景として適用される。

画像5: Google Meetの場合

This article is a sponsored article by
''.