バルミューダが、ドリップ式コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew(バルミューダ ザ ブリュー)」を発表した。味わいは「レギュラー」と「ストロング」に加えて、「アイス」の三つのモードを搭載しており、1杯から3杯まで抽出が可能。

独自の抽出方法でドリップコーヒーに力強い味わいとクリアな後味を両立!

2015年にトースターの「The Toaster(ザ トースター)」を発売して大ヒットを飛ばし、キッチン家電に進出。その後も電気ケトルやオーブンレンジ、炊飯器などさまざまな製品を世に送り出しているバルミューダが、ドリップ式コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew(バルミューダ ザ ブリュー)」を発表した。

バルミューダ
BALMUDA The Brew
実売価格例:5万9400円

精密な温度制御、個性を引き出す正確なドリップ、クリアな後味を生む「バイパス注湯」という技術を組み合わせた独自の抽出方法「クリア ブリューイング メソッド」を採用したコーヒーメーカー。

画像: 本体サイズ:幅140ミリ×奥行き297ミリ×高さ379ミリ 重量:3.4キロ

本体サイズ:幅140ミリ×奥行き297ミリ×高さ379ミリ
重量:3.4キロ

今回採用した抽出方法「クリア ブリューイング メソッド」は、同社独自の技術が駆使されている。100℃のスチームでサーバーを温めてから、蒸らし、抽出、仕上げまで精密な温度制御を行い、0.2ミリリットル単位で正確にドリップしていく。徐々に温度を下げてコーヒー豆の雑味を抽出しないようにしつつ、後味をすっきりさせるため、最後にお湯を直接注ぐ「バイパス注湯」を行うという仕組みだ。

画像: ドリッパーの上部が開いているオープンドリップ式を採用しており、ドリップの様子を目で見て楽しめるだけでなく、立ち上る香りを楽しめるのも魅力だ。

ドリッパーの上部が開いているオープンドリップ式を採用しており、ドリップの様子を目で見て楽しめるだけでなく、立ち上る香りを楽しめるのも魅力だ。

このため、注湯口はドリッパー上部だけでなく、サーバー上部にも設けているのが特徴。サーバーは、真空二重構造のステンレス素材を採用しており、抽出後のコーヒーを保温するヒーターは搭載していない。

ドリッパーは豆の成分を引き出しやすく、雑味が出にくいという円錐形を採用。台形よりお湯が下に落ちやすいため、水量センサーを使って0.2ミリリットル単位で制御しながら抽出するという。

味わいは「レギュラー」と「ストロング」に加えて、「アイス」の三つのモードを搭載しており、1杯から3杯まで抽出が可能だ。一般的なコーヒーメーカーはタンク内の水を使い切るものが多いが、本機は細かい温度制御と水量制御を行うため、決められた水量だけ抽出するようになっている。同じ量のコーヒー粉を入れれば、いつも同じ味わいでコーヒーを楽しめるので、朝の一杯にこだわりたい人にピッタリの一台だ。

どこに置いてもスマートに収まるデザイン

画像: 横幅約14センチとスリムかつコンパクトな筐体で設置場所を選ばない。ステンレスの輝きとマットなブラックが組み合わさった落ち着いたデザインも魅力だ。

横幅約14センチとスリムかつコンパクトな筐体で設置場所を選ばない。ステンレスの輝きとマットなブラックが組み合わさった落ち着いたデザインも魅力だ。

※価格は記事作成当時のものです。

TEXT●安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.