今回は「令和のデ・ジ・キャラット」プロジェクトとして復活を果たしたキャラクターコンテンツ「デ・ジ・キャラット」についてご紹介します。元はアニメグッズなどを手掛けるブロッコリーのマスコット的なポジションとして誕生した経緯を持ちながら、なぜ今に至るまで支持を集めているのでしょうか。その理由を筆者の視点から解説していきます。

令和に復活!『デ・ジ・キャラット』とは?

90年代後期からゼロ年代中期に一世を風靡

2021年6月にブシロードより発表された「令和のデ・ジ・キャラット」プロジェクト。2022年の誕生24周年(メインキャラクター「でじこ」の口癖「~にょ」にちなんだもの)を機に、2006年の「ウィンターガーデン」以来16年ぶりとなる完全新作アニメの制作・放映などが発表されました。かつて一世を風靡したマルチメディア企画のリメイクとして、大きな話題を集めています。

とはいえ、デ・ジ・キャラット自体がトレンドとしてオタクカルチャーのなかで人気を博していたのは90年代後期からゼロ年代中期にかけてのこと。今では「懐かしさ」を通り越し、そもそも存在自体を認知していない方も珍しくないでしょう。そこで、まずは「デ・ジ・キャラット」シリーズの誕生から、トレンドとなった経緯までを整理してお伝えします。

「ゲーマーズ」のマスコットキャラクターとして1998年に誕生

「デ・ジ・キャラット」は当時、株式会社ブロッコリーが運営していたホビーショップ「ゲーマーズ」(※現在はアニメイト傘下にて運営)のマスコットとして誕生。そこを起点として、メディアミックス的に展開されたキャラクターコンテンツです。

当時のショップ情報誌に掲載されていた4コマ漫画が初出とされ、登場以来「ゲーマーズの顔」として多くのファンに親しまれてきました。なお、初出となった漫画は現在もブロッコリー公式HPにて閲覧できます。

デ・ジ・キャラット=通称「でじこ」を主役としつつ、妹分にあたる「ぷちこ(プチ・キャラット)」や、ライバル的キャラクターの「うさだ(ラ・ビ・アン・ローズ)」、「ぴよこ(ピョコラ=アナローグⅢ世)」なども登場し、人気タイトルとして各メディアを賑わせました。00年代当時の秋葉原や、オタク文化の顔役として活躍したタイトルでもあります。

漫画・アニメ・ゲーム…マルチに展開されるキャラクターコンテンツの先駆け

「デ・ジ・キャラット」は、当時のオタク文化における流行をマルチに取り入れたデザインや、それを逆手に取った毒舌的なキャラクター性などが人気に火をつけました。そしてその後、アニメやゲーム、漫画やライトノベルといったさまざまな媒体で、メディアミックス展開されていったのです。

1999年には、情報番組「ワンダフル」(TBS経歴)内で初のアニメ化を果たし、各キャラクターに声優が配されました。以降アニメを中心に、ゲームやドラマCD、ライトノベルやラジオなど、さまざまな媒体でコンテンツが発表され、また関連グッズも数多くリリースされました。

「キャラクターコンテンツ」として始まった企画は、ソーシャルゲームなどが存在しなかった当時では比較的珍しく、今に続く「萌え文化」や「アキバカルチャー」の先駆け的存在として活躍しました。

画像: 「デ・ジ・キャラット アニバーサリーベストアルバム」収録楽曲ファン投票全曲試聴 www.youtube.com

「デ・ジ・キャラット アニバーサリーベストアルバム」収録楽曲ファン投票全曲試聴

www.youtube.com

「令和のデ・ジ・キャラット」プロジェクトとは

「令和のデ・ジ・キャラット」プロジェクトは、そんなデ・ジ・キャラットシリーズを現代に合わせて復活させるために始まったコンテンツです。

コラボカフェの開催や新規グッズの展開なども行われており、新作アニメ放映前から既に水面下で盛り上がりを見せています。

以前にも10周年・15周年といった節目で、たびたび「デ・ジ・キャラット」シリーズに関連した企画が行われることもありました。しかし、「令和の」というタイトルや、完全新作の発表などからも推察できるように、今までよりも力の入った内容になると思われます。

新キャラクターとして、株式会社ブシロード(創業者がブロッコリーと同一の企業)のマスコットキャラクター「ブシロドノミコト(通称ブシロ)」とのコラボレーションなども展開されており、今後の動向にも期待したいところです。

This article is a sponsored article by
''.