【LG styler S3CW】使用頻度の高いコースだけを搭載!クローゼット型のホームクリーニング機

LGエレクトロニクス・ジャパンは、スチームウォッシュ&ドライの『LG styler(エルジー・スタイラー)』の新モデルとして、「S3CW(メタリックチャコール)」を発売した。特徴は、使用頻度の高いコースのみを搭載してコストを抑えながら、深みのある落ち着いた色味を採用したこと。

LG
LG styler S3CW

●実売価格:14万円程度

使用頻度の高いコースだけを搭載!クローゼット型のホームクリーニング機

LGエレクトロニクス・ジャパンは、スチームウォッシュ&ドライの『LG styler(エルジー・スタイラー)』の新モデルとして、「S3CW(メタリックチャコール)」を発売した。

サイズ:幅445ミリ×高さ1850ミリ×奥行き585ミリ
重量:73キロ
収容容量:5.2Kg /3アイテム(付属のハンガーは2本)

「LG styler」は、衣類や小物についた菌やウイルス、ニオイ、シワなどを自宅で簡単にリフレッシュできる家電。

独自の「TureSteamテクノロジー」によるスチームの循環技術と、庫内を一定の温度に保ちながら1分間に最大180回振動するハンガーラックによって、衣類や小物をリフレッシュし、菌やウイルス、花粉、ダニなどを99パーセント以上低減することができる。

日常的に着るスーツや制服など一般的に洗濯しずらいとされる衣類や小物を庫内に入れて、コースボタンを押せば約48分で洗い立てのような衣類に仕上る。

日本では、2017 年に初代モデルを発売を開始し「スーツ/コート」「ウール/ニット」などの多様な専用コースを搭載し、ズボンの折り目もケアできるトータルケアモデル「S3MF(ミラー)」、「S3BF(ブラック)」、「S3WF(ホワイト)」を展開。今回価格を抑えたシンプルケアモデル「S3CW(メタリックチャコール)」が加わることで、計4モデルのラインアップとなる(販売店限定モデルを除く)。

「S3CW」に搭載されるコースは主に4コース。衣類のトータルケアができる「リフレッシュ」コースを始め、花粉やダニ、菌などを効率よく低減する「除菌/衛生」コース、縮みや傷みの気になる衣類も、低温でやさしく乾燥する「乾燥」コース。さらに、専用アプリの「LG ThinQ」経由で、自分好みのコースを追加でダウンロードし、ライフスタイルに合わせてアップデートできる「ダウンロード」コースを搭載。コースを選りすぐったことで、タッチパネルのデザインもよりシンプルに、操作がしやすくなった。

カラーは、「LG styler」では新色となる「メタリックチャコール」を採用。深みのある落ち着いた色味はどんな部屋にも馴染むデザインで、インテリアと調和する。またトータルケアモデルの扉裏にあ
った「ズボン折り目ケア」をなくして、庫内照明もよりシンプルに、小物を置く「棚」も別売りにするなど、コストを抑えながらデザインを見直した。

主な特徴

よりシンプルに、使用頻度の高いコースを厳選
シンプルケアモデル「S3CW(メタリックチャコール)」では、より必要な機能を追求し、使用頻度の高いコースのみを厳選して搭載。タッチパネルのボタンも数を減らして見やすくシンプルにすることで、コースを迷うことなく選択できるようにしている。

見やすくてシンプルなタッチパネルボタン

「リフレッシュ」コース(標準:48分、おいそぎ:20分)、「除菌/衛生」コース(しっかり:2時間13分、標準:1時間28分) 、「乾燥」コース(標準:2時間 、タイマー乾燥:1時間) 、「ダウンロード」コースは、「LG ThinQ」アプリを通じ、衣類の素材や用途に合わせて専用コースをダウンロードすることが可能。ボタン表示にない従来のコースも、アプリ経由で一部ダウンロードすることができる。

アプリでコースをダウンロードして、自分仕様にカスタマイズ
搭載されているコースだけでなく、「LG ThinQ」アプリ経由で、自分好みのコースを追加ダウンロードすることが可能。ライフスタイルに合わせて「LG styler」を自由にアップデートできる。

インテリアに馴染む新色「メタリックチャコール」
「LG styler」では新色となる「メタリックチャコール」を採用。深みのある落ち着いた色味は、リビングや寝室、ランドリールームなどどんな部屋にも馴染むデザインで、インテリアと調和する。

●問い合わせ先:LGエレクトロニクス・ジャパン 0120-813-023

※価格は記事作成当時のものです。

シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース