【象印マホービン】簡単に使いこなせて本格的な調理もできるオーブンレンジ|食材を庫内で浮かせて調理できる!

調理家電

象印マホービンは、「本当に使ってもらえるレンジ」を目指して開発された、同社初のオーブンレンジとして「EVERINO(エブリノ)」(ES-GT26型)を発売した。本製品は、同社が長年培ってきた温度コントロール技術を活用したモデルとなっており、簡単操作ながら本格調理が可能なモデルとなっている。

象印マホービン
EVERINO ES-GT26

●実売価格:6万5800円程度

新発想!食材を庫内で浮かせて調理できる象印初のオーブンレンジ

象印マホービンは、「本当に使ってもらえるレンジ」を目指して開発された、同社初のオーブンレンジとして「EVERINO(エブリノ)」(ES-GT26型)を発売した。

EVERINO「ES-GT26」ホワイト

本製品は、同社が長年培ってきた温度コントロール技術を活用したモデルとなっており、簡単操作ながら本格調理が可能なモデルとなっている。

レンジ機能では、食材の芯まで素早く熱を通し、その後は自動でグリル機能に切り換わり、食材の表面にこんがり焼き色を付けておいしく仕上げてくれる。ハンバーグやグラタンなど、時間のかかる調理も約13分で調理可能で、おいしく本格的な料理を時短で味わうことができる。また、メニューに合わせた「焼き色」調整(弱・中・強)もできるので、料理のバリエーションを広げることが可能。付属する角皿は、マイクロ波を透過する陶磁器(セラミック)製なので、レジグリ機能を最大限に活かすことができる。

レンジで素早く芯まであたため(イメージ)

グリルで表面をこんがり焼き上げ(イメージ)

下ごしらえした材料を付属のボウルセットに入れ、角皿下部のレールにスライドさせて差し込み、ボウルセットを庫内で浮かせた状態で調理することで、食材上部と底部の温めムラを抑えた全方位加熱を可能としている。しっかりと味の染み込んだおいしい料理がボウルひとつで簡単に、それも時短で仕上げることができる。

ボウルセットの下部が浮いた状態になっている

庫内の「赤外線センサー」は、ボウルセットの位置が固定されているので、赤外線センサーが食材の温度を正しく検知することができる。(手動は除く)

赤外線センサーによって、ボウルセットの食材の温度を正しく検知することができる

庫内直置きの場合は、マイクロ波が底の接地面に集中してしまい、上部と底部で、温めムラが発生する。一方、「うきレジ」の場合は、食材を浮かせている状態にすることで、マクロ波が庫内に広がりやすくなり、全方位から加熱することができる。

付属されている「ボウルセット」は、容器ごと食卓に持っていくことができるため、テーブルセッティングの手間も少なく、後片づけも簡単にすることができる。また、料理の下ごしらえや、食材の保存にも使うことができるなど、とても便利な容器となっている。容器は、シリコーンゴム製のボウルリングが取り外しが可能だから、使用後に取り外して洗えば、つねに清潔に保てる。

買ってきた総菜などは、中身は温かいけれど衣がべちゃついていたり、外はサクサクだけど中身が冷たかったりなど、揚げ物の温めなおしの不満を解消してくれる、「サクレジ」を搭載。「サクレジ」機能を使えば、レンジの加熱で食材の中を温め、グリルの加熱で衣をサクサクに焼き上ることができるから、惣菜の揚げ物も短時間で、まるで揚げたてのようなおいしさに仕上げてくれる。

本製品の外装は、落ち着いた質感のマット調デザインを採用しており、インテリアに馴染む佇まいとなっており、メニュー表示を扉部分ではなく、本体底から引き出す「メニューボード」方式とすることで、扉部分の見た目もスマートにしている。

操作は、直感的に操作ができるように、左右に設置した「ダブルダイヤル式」で簡単に行うことができるようにしており、レンジの間口を40.5cmとすることで、約30cm程度の大き目なお皿などもスムーズな出し入れが可能となっている。庫内(側面・背面)は、汚れても拭き取りやすいシリコーン塗装が施されており、付着したニオイや汚れを高温で分解する「分解脱臭機能」も搭載している。

本体サイズは、幅487mm、奥行き454mm(ハンドル等含む)、高さ370mm、庫内サイズは、幅378mm、奥行き309mm、高さ201mm、重さは、約17.5kg。庫内容量は、26L。本体カラーは、スレートブラックとホワイトの2色を用意している。

象印マホービン:「EVERINO」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。

調理家電
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース