【電子ピアノ】グランドピアノのボディ共鳴音まで再現した、ヤマハ『P-225/145』!

楽器

日本の住宅事情では、グランドピアノを置くスペースや、音を出しても良い環境を確保することは難しい。そこでヤマハ電子ピアノ『P-225/145』。低音部では重みを感じ、高音部では軽いタッチ感、ヤマハの最高峰コンサートグランドピアノ「CFX」をサンプリングして、自室にいながらグランドピアノ感覚をコンパクトに楽しめるという。

ヤマハの最高峰コンサートグランドピアノ「CFX」をサンプリング

1999年に誕生し、軽量・コンパクトなデザインで、本格的なピアノの響きと弾き心地を楽しめると評判の電子ピアノ「Pシリーズ」に、ヤマハ『P-225/145』(税込68,200円/52,800円・2023年7月27日発売)の新モデル2機種が加わった。

ヤマハ『P-225』

その特徴は、従来の低音部では重みを感じ、高音部では軽いタッチ感で段階的に変化させる「GHS(グレードハンマースタンダード)鍵盤」を、新開発の「GHC(グレードハンマーコンパクト)鍵盤」に刷新し、より本格的なグランドピアノの弾き心地を楽しめるようになったこと。

中でも『P-225』は、ヤマハの最高峰コンサートグランドピアノ「CFX」のサンプリング音源を搭載し、「VRM-Lite(バーチャルレゾナンスモデリングライト)」で、演奏時にピアノ全体が振動することで生まれる多彩な共鳴音まで再現している。

グランドピアノの内部構造

また、ヘッドフォン装着での長時間練習でも快適に演奏できるように、「ステレオフォニックオプティマイザー」で、まるで本体から音が響いてくるような臨場感のある音質も実現している(ヘッドフォン別売)。

『P-145』

一方『P-145』は、「ダンパーレゾナンス」により、ダンパーペダルを踏みながら演奏したときの広がりのある共鳴音を再現している。

どちらの製品も、スマートデバイスで基本操作が可能なアプリ「スマートピアニスト」(ヤマハ)に対応。アプリ「Rec’n’Share」(ヤマハ)を使用すれば、スマートデバイスと楽器を接続して、演奏を手軽に録音、撮影、シェアすることが可能だ。

【スペック】
「P-225 B、WH」
サイズ/重量:1326(幅)×129(高さ)×272(奥行)mm/11.5kg
カラー:ブラック/ホワイト
鍵盤:88鍵盤/GHC鍵盤 黒鍵マット仕上げ
タッチ感度:ハード/ミディアム/ソフト/固定
音源:ヤマハ CFXサンプリング
音色数:24 最大同時発音数:192
内蔵曲数:音色デモ21+クラシック曲50 メトロノーム付き
アンプ出力:7W×2
スピーカー:楕円(12cm×8cm)×2+5cm×2 Bluetoothオーディオ対応
付属品:譜面台、ペダル/フットスイッチ、ACアダプター、保証書、取扱説明書、クラシック名曲50選(楽譜集)
「P-145 B」
サイズ/重量:1326(幅)×129(高さ)×268(奥行)mm/11.1kg
カラー:ブラック
鍵盤:88鍵盤/GHC鍵盤 黒鍵マット仕上げ
タッチ感度:ハード/ミディアム/ソフト/固定
音源:AWMステレオサンプリング
音色数:10 最大同時発音数:64
内蔵曲数:音色デモ10+ピアノ曲10 メトロノーム付き
アンプ出力:7W×2
スピーカー:楕円(12cm×8cm)×2
付属品:譜面台、ペダル/フットスイッチ、ACアダプター、保証書、取扱説明書

入手は全国の楽器店やオンラインショップで可能だ。

■公式サイト

楽器
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース