ワンセグの音声も受信できるワイドFM対応ポータブルラジオ

ソニー
XDR-64TV/56TV、SRF-19

●発売日:2月10日
●実売価格:XDR-64TV=1万8200円程度、XDR-56TV=1万7200円程度、SRF-19=5300円程度

XDR-64TV

画像: SRF-19

SRF-19

画像: XDR-56TV

XDR-56TV

ソニーが、ポータブルラジオの新製品3機種を発売した。

「XDR-64TV」と「同56TV」は、ワイドFM/AMに加え、ワンセグテレビの音声も受信できる3バンドモデル。

「64TV」は、ポケットサイズの縦型で、気軽に持ち歩ける。10局まで登録可能なプリセットボタンも搭載。

「56TV」は、8センチ径の大型モノラルスピーカーを装備した横型で、書斎や寝室での使用に最適。5局までのプリセットも可能だ。

「SRF-19」は、ステレオスピーカーを内蔵したシンプルな2バンド(ワイドFM/AM)モデル。ステレオミニの入出力も備えている。

スピーカークレードルが付属する多機能な小型ラジオレコーダー

ソニー
ICZ-R110

●発売日:1月27日
●実売価格:2万1900円程度

画像1: ソニー ICZ-R110
画像2: ソニー ICZ-R110

ソニーは、FM/AM放送を手軽に録音できるポケットサイズのラジオレコーダー「ICZ-R110」を発売した。

16Gバイトの大容量メモリーを内蔵しており、最大715時間の番組を録音できるのが特徴。

microSDスロットも装備しているから、メモリーの増設も簡単に行える。また、ステレオマイクを搭載しているので、ICレコーダーとして会議などの録音にも使える。

さらに、充電台兼用のスピーカークレードルまで標準で付属。自宅では、据え置き型として快適に利用できる。

予約録音機能や多彩な再生機能も搭載。ワイドFMにも対応。

カセットの高速ダビンクも行える便利なCDダブルラジカセ

東芝
TY-CDW99

●発売日:1月中旬
●実売価格:1万9200円程度

画像: 東芝 TY-CDW99

東芝エルイートレーディングが、CDラジカセの最新モデル「TY-CDW99」を発売した。

ダブルカセットレコーダーを搭載しており、カセットどうしの高速ダビンクを行えるのが特徴。

ハイポジションテープに対応した「テープセレクト」機能や、テープの終端になると操作ボタンが自動的に解除される「フルオートストップ」機構も装備しているので、手持ちのカセットを高音質かつ安全に再生できる。

また、カセットやCDの音とマイクの歌声を混合して録音することも可能だ。

ラジオは、ワイドFMにも対応している。出力は3ワット×2。

カセットテープ世代には懐かしいレトロデザイン採用のラジカセ

CICONIA
TY-1710

●発売日:1月15日
●価格:1万2960円

画像: CICONIA TY-1710

センター商事は、CICONIAブランドから、クラシカルラジカセ「TY-1710」を発売した。

最大の特徴は、カセットテープに慣れ親しんだ世代が懐かしく感じるレトロなデザインを採用したこと。

木目調のボディに、大きな円形スピーカーと長く伸びるロッドアンテナを搭載し、操作ボタン類もアナログ式にこだわっている。

カセットデッキは録音・再生対応で、セミオートストップ機構も搭載。もちろん、FM/AMラジオの録音も行える。

USBポートとSDスロットを備えているから、USBメモリーやSDカードに保存した音楽も再生可能。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.