パソコンとつないで手軽に使えるUSB接続専用のスキャナー

ブラザー
JUSTIO ADS-2200

●発売日:2月上旬 
●実売価格:4万2000円程度 

画像1: ブラザー JUSTIO ADS-2200
画像2: ブラザー JUSTIO ADS-2200

ブラザーは、ドキュメントスキャナー「JUSTIO」の新ラインアップとして、「ADS-2200」を発売した。

この製品は、パソコンと1対1でつないでシンプルに使えるUSB接続専用モデル。幅298ミリ×奥行き205ミリのコンパクト設計なので、パソコン周りにスッキリと設置できる。

サイズは小さいが、毎分約35枚/70面(A4カラー両面原稿)という高速読み取りを実現しており、ストレスのない快適な利用が可能だ。

また、USBメモリーを取り付ければ、スキャンしたデータを、パソコンなしで直接USBメモリーに保存することもできる。

iPhone/iPad用に設計されたスリムなワイヤレスキーボード

ロジクール
iK1042BKA

●発売日:2月6日 
●実売価格:9600円程度

画像1: ロジクール iK1042BKA
画像2: ロジクール iK1042BKA

ロジクールは、iPhone/iPad用の周辺機器として、ポータブルブルートゥースキーボード「iK1042BKA」を発売した。

幅242ミリ×奥行き137ミリ×厚さ6ミリ、重さ180グラムという小型・軽量設計で、気軽に持ち運べるのがセールスポイント。耐水仕様が施されているから、カフェなどでも安心して使える。

さらに、着脱式のiPhoneスタンドも付属しているので、快適な作業が可能だ。

キー構造はパンタグラフ式で、キーピッチは17ミリ。iOSショートカットキーも備えている。

内蔵バッテリーをフル充電すれば、約3ヵ月の使用が可能。

ハイパワーアンテナの搭載により実測速度を高めたWi-Fiルーター

エレコム
WRC-1750GS

●発売日:1月下旬
●価格:1万2463円

エレコムが、IEEE802.11ac対応のデュアルバンド無線LANルーター「WRC-1750GS」を発売した。

DXアンテナと共同開発したハイパワーアンテナを搭載しているのが特徴で、5Gヘルツで最大1300Mbps、2.4Gヘルツで最大450Mbpsの高速通信(規格値)を実現。

実測速度も従来比で最大52%アップしており、一戸建ての3階でも快適な通信ができる。

また、デュアルコアCPUやMU-MIMO技術の採用により、6人家族が複数のデバイスを同時使用しても、そのすべてで快適な通信が可能だ。

多彩なセーフティ機能も搭載。

自宅全体の無線LAN環境を大幅に向上させる最新型ルーター

ティーピーリンク
Archer C2300

●発売日:1月30日
●実売価格:1万5500円程度

画像: ティーピーリンク Archer C2300

ティーピーリンクジャパンは、無線LANルーターの新製品として、IEEE802.11ac対応のデュアルバンドモデル「Archer C2300」を発売した。

NitroQAMテクノロジーの採用によって、5Gヘルツで最大1625Mbps、2.4Gヘルツで最大600Mbpsの超高速通信を行えるのが特徴。

無線LANエリアを拡大するレンジブースト技術、マルチデバイスの同時接続を効率化するMU-MIMO技術、処理速度を高めるデュアルコアCPUも装備しており、自宅全体の無線LAN環境を大幅にグレードアップさせられる。

3年間の長期保証も付く。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.