触れたい! 知りたい! 試したい! アラフィフ女子のケイコ部長とカリスマ店員・勝田マネが、最新家電をガチで体験!

家電体験隊・女子部 部長:諏訪ケイコ
仕事と家事を切り盛りするライター。共働きおかんの目線で、商品に迫るわよ!

ヨドバシAkiba 勝田泰幸マネージャ
ヨドバシAkibaのカリスマ店員。プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

大進化したダイソンのスティック掃除機

スティック掃除機
ダイソン
Dyson Cyclone V10 Fluffy
実売価格例:7万5370円

画像: 従来の約半分の重量ながら、毎分最大12万5000回転の速度を実現する「ダイソン デジタルモーター V10」を採用。新設計によるストレート構造との相乗効果で、より高い吸引力を生んだ。

従来の約半分の重量ながら、毎分最大12万5000回転の速度を実現する「ダイソン デジタルモーター V10」を採用。新設計によるストレート構造との相乗効果で、より高い吸引力を生んだ。

パワー、運転時間、構造など大きく進化した新生ダイソン

ケイコ部長 
ダイソンのスティック掃除機って、みんな似ているから、どれでもいいんじゃない? とか思っちゃう。

勝田マネージャ 
ところが部長、こちらは8年ぶりにフルモデルチェンジした新生ダイソンなんです。

設計を変えて気流が一直線になったのが特徴で、よりハイパワーになったんですよ。

画像: フルモデルチェンジで、構造もデザインもスッキリ一新。

フルモデルチェンジで、構造もデザインもスッキリ一新。

画像: 気流が一直線に通ることで、吸引力アップや運転時間延長などのメリットが生まれた。

気流が一直線に通ることで、吸引力アップや運転時間延長などのメリットが生まれた。

画像: ミニモーターヘッド、ミニソフトブラシ、コンビネーションノズル、 すき間ノズルを同梱。

ミニモーターヘッド、ミニソフトブラシ、コンビネーションノズル、 すき間ノズルを同梱。

ケイコ部長 
本当、すげー吸う〜! ちょっとそのへんを掃除しただけなのに、ダストカップにゴミがわんさかと!

画像: 床にまいた木製チップがジャンジャン吸い取れて、超快適♪

床にまいた木製チップがジャンジャン吸い取れて、超快適♪

画像1: youtu.be

youtu.be
画像2: youtu.be

youtu.be
画像: レバーを押し下げるだけと、ゴミ捨てもスムーズ。これもまっすぐ構造の恩恵なのよ。

レバーを押し下げるだけと、ゴミ捨てもスムーズ。これもまっすぐ構造の恩恵なのよ。

画像3: youtu.be

youtu.be

勝田マネージャ 
バッテリーも連続60分使えるようになったので、家中のお掃除が十分にできますね。

ほかにも、ゴミ捨てやフィルターの手入れが楽になったりと、使い勝手も進化しました。

従来機より重量も軽くなり、音も静かで、文句のつけどころがないほどの製品です。

画像4: youtu.be

youtu.be
画像: バッテリー残量やノズルの詰まり、フィルターのお手入れ時期などのお知らせ機能も新搭載。

バッテリー残量やノズルの詰まり、フィルターのお手入れ時期などのお知らせ機能も新搭載。

画像: カラフルなソフトローラーヘッド。柔らかい触感で、フローリングや畳に優しいのよ。

カラフルなソフトローラーヘッド。柔らかい触感で、フローリングや畳に優しいのよ。

画像: パワーは「弱」「強」「最強」の3段階。ふだんの掃除は「弱」でOK。

パワーは「弱」「強」「最強」の3段階。ふだんの掃除は「弱」でOK。

ケイコ部長 
じゃあ、値段もかなり上がったんじゃないの〜?

勝田マネージャ 
それが、このV10 Fluffyが7万円台、最上位モデルでも10万円を切っています。

ケイコ部長 
んー、安い……のかしら? 10万円って?

勝田マネージャ 
これまでからすると、かなりお買い得ですよ。

正直、私もすごく欲しいです!

画像: 月に一度の水洗いが必要なフィルターを、2ヵ所から1ヵ所へ集約。メンテナンスの手間を軽減。

月に一度の水洗いが必要なフィルターを、2ヵ所から1ヵ所へ集約。メンテナンスの手間を軽減。

画像5: youtu.be

youtu.be
画像: 裏側にゴムがついたから、すべらずにちょっとした立て掛けもできるようになった。

裏側にゴムがついたから、すべらずにちょっとした立て掛けもできるようになった。

今月のポイントはここ!

勝田マネージャ 
掃除性能も進化しましたが、ユーザー目線からの改良も見られ、スキがありません。

家中の掃除はもちろん、車内のクリーニングにもすごく重宝しますよ!

アタッチメントの交換で、ソファや布団のお掃除に大活躍。

取材協力/ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba

解説/諏訪圭伊子(フリーライター)
撮影/三ッ谷光久
イラスト/松沢ゆきこ

※表示の価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.