ユーザーの視聴傾向を学習して好みに合う番組を教えてくれる4Kテレビ

シャープ
AQUOS AJ1/AU1ライン

●発売日:3月24日(AJ1の55V型のみ5月7日)
●実売価格:AJ1(45V型)=15万9000円程度、AJ1(50V型)=14万9400円程度、AJ1(55V型)=17万3000円程度(予想)、AJ1(60V型)=24万2300円程度、AU1(70V型)=44万2000円程度

画像: 4T-C60AJ1

4T-C60AJ1

画像: AJ1ラインは、スイーベルスタンドの採用により左右計約30度水平方向に調整できる。

AJ1ラインは、スイーベルスタンドの採用により左右計約30度水平方向に調整できる。

画像: 4T-C70AU1

4T-C70AU1

シャープは、液晶テレビ「AQUOS」の新ラインアップとして、4K/HDR対応の「AJ1ライン」と「AU1ライン」を発売した。

独自のAIoTサービス「COCORO VISION」を搭載しているのが特徴で、AI(人工知能)が視聴頻度の高い番組や時間帯を学習し、“好みのジャンルの番組”や“よく見るタレントが出演する作品”を音声で知らせてくれる。

Android TV機能も装備しているから、情報を検索したり、ネット動画やゲームアプリを楽しんだりも可能だ。

また、専用アプリを使えば、テレビが学習したデータをスマホで確認したり、スマホで見ている動画をテレビの大画面で再生したりもできる。

「AJ1ライン」は、映り込みを抑える低反射液晶パネルや広色域技術「リッチカラーテクノロジー」を採用した標準モデル。

画面サイズは、60V型、55V型、50V型、45V型の4種類。

「AU1ライン」は、高品位な「N-Blackパネル」と色再現範囲を拡大した「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載したフラッグシップモデル。

包み込まれるようなリアルな臨場感を実現する「AROUND SPEAKER SYSTEM」も装備している。

画面サイズは70V型のみ。チューナーは、両ラインとも3系統。

明るい室内でも鮮やかな映像が楽しめる最新型の4K液晶テレビ

パナソニック
ビエラ FX800シリーズ

●発売日:5月25日
●予想実売価格:65V型=41万円程度、55V型=30万2400円程度

画像: TH-65FX800

TH-65FX800

パナソニックは、液晶テレビ「ビエラ」の新製品として、4K対応の「FX800シリーズ」を発売する。

高輝度IPS液晶パネルとWエリア制御によって、明るい室内でも鮮やかな映像を再現できるのが特徴。

さらに、画像処理技術「ヘキサクロマドライブ」の進化により、色再現性とコントラスト感も大きく向上している。

また、画面の枠を感じさせない「フレームレスデザイン」を採用しているから、より映像に没入することができる。

HDRも、「HDR10」と「HLG」に対応しているので、次世代コンテンツも楽しめる。チューナーは3系統。

HDR映像の表示にも対応した普及価格の入門用4Kテレビ

ノジマ
ELSONIC ECC-TU55R3/TU49R3

●発売日:3月下旬
●価格:TU55R3=7万5384円、TU49R3=5万8104円

画像: ECC-TU55R3

ECC-TU55R3

ノジマが、ELSONICブランドから、普及価格の4K液晶テレビ「ECC-TU55R3(55V型)」と「同TU49R3(49V型)」を発売した。

LED直下型バックライトの採用により、色ムラを抑えた美しい映像を楽しめるのが特徴。

ブレ補正・フレーム間補正機能も搭載しているので、スポーツなどの動きの激しい映像も滑らかに再生することが可能だ。

エントリークラスながら、HDR映像の表示にも対応している。

また、チューナーを2系統内蔵しているので、外付けUSBハードディスク(別売)への裏番組録画も行える。便利なゲームモードも搭載。

付属のカートリッジで豊かな音が楽しめるレコードプレーヤー

オーディオテクニカ
AT-LP7

●発売日:4月13日
●実売価格:9万7200円程度

画像1: オーディオテクニカ AT-LP7
画像2: オーディオテクニカ AT-LP7

オーディオテクニカは、アナログレコードプレーヤーの新製品として、ベルトドライブ式の高性能機「AT-LP7」を発売した。

耐摩耗性と剛性に優れた切削ポリオキシメチレン製プラッター(20ミリ厚)を、高剛性MDFシャーシ(40ミリ厚)に搭載することで、振動を抑えた精度の高い回転を実現したのが特徴。

付属のMMカートリッジ「VM520EB」には、情報量の多い楕円針を採用しているので、豊かな高音質再生が楽しめる。

MM/MC対応のフォノアンプを内蔵しているから、フォノ入力なしのオーディオ機器とも接続可能。

ブルートゥース送信機能も備えたアナログレコードプレーヤー

ION AUDIO
PRO500BT

●発売日:4月4日
●実売価格:5万円程度

画像: ION AUDIO PRO500BT

inMusic Japanは、ION AUDIOブランドから、ベルトドライブ式のアナログレコードプレーヤー「PRO500BT」を発売した。

高精度フォノアンプを内蔵しており、フォノ入力を持たないアンプやオーディオ機器とも直接接続できるのが特徴。

ブルートゥース送信機能も装備しているから、ブルートゥース機器(スピーカー、ヘッドホンなど)とのワイヤレス接続も可能だ。

また、A/DコンバーターとUSBポートを搭載しているので、パソコンと接続して、レコード音源のデジタル化を行える。プラッターはアルミダイキャスト製。

ローリング・ストーンズとコラボしたレコードプレーヤー

Pro-Ject Audio Systems
Rolling Stones

●発売日:3月下旬
●価格:7万200円

画像: Pro-Ject Audio Systems Rolling Stones

ディーアンドエムホールディングスは、オーストリア・Pro-Ject Audio Systems社製のベルトドライブ式アナログレコードプレーヤー「Rolling Stones」の国内販売を開始した。

今なお現役で活躍する大御所ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズとのコラボレーションモデルで、本体(ベース部)の上面には、彼らのバンドロゴ「Lips&Tongue」があしらわれている。

プラッターとトーンアームはアルミ製で、本体はハイグロスブラック仕上げ。

オルトフォンのMMカートリッジ「OM10」が付属しているから、購入後すぐに使用できる。

どこででもレコードを再生できるスーツケース型のプレーヤー

ION AUDIO
Vinyl Motion Air

●発売日:4月4日
●実売価格:1万円程度

画像1: ION AUDIO Vinyl Motion Air
画像2: ION AUDIO Vinyl Motion Air

inMusic Japanは、ION AUDIOブランドのアナログレコードプレーヤー「Vinyl Motion Air」を発売した。

レトロなスーツケース型ボディに、プレーヤー、フォノイコライザー、アンプ、ステレオスピーカー、バッテリーを内蔵しており、単体でどこででもレコード再生を楽しめるのが特徴。

RCA出力やブルートゥース送信機能も装備しているので、手持ちのオーディオセットやブルートゥーススピーカーなどに接続しても使える。

また、パソコンとUSB接続すれば、レコード音源のデジタル化も可能だ(ソフトも付属)。重さは2.7キロ。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.