180度VR動画を手軽に撮れる手のひらサイズの小型二眼カメラ

レノボ
Lenovo Mirage Camera with Daydream

●発売日:5月11日
●直販価格:Mirage Camera=3万8700円、Mirage Solo=5万5296円

画像: Mirage Camera

Mirage Camera

画像: レノボ Lenovo Mirage Camera with Daydream

レノボ・ジャパンが、4K解像度の新型VRカメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」を発売した。

前面に、水平/垂直180度をカバーする超ワイドレンズ2基を搭載しており、誰でも手軽にVR撮影を行えるのが特徴。

前方180度のみを記録する最新フォーマット「VR180」に対応しているので、撮影者の映り込みなどを気にせず、通常のカメラと同じ感覚で撮影を楽しめる。

撮影したVR映像は、スマホなどに無線LAN転送して確認できるほか、スタンドアロン型のVRヘッドセット「Mirage Solo」(別売)で視聴することも可能だ。

画像: Mirage Solo

Mirage Solo

スマホとも快適に連係できるA5サイズのデジタルペーパー

ソニー
DPT-CP1

●発売日:6月上旬
●予想実売価格:7万5400円程度

画像: ソニー DPT-CP1

ソニーは、電子ペーパーディスプレイを採用したペン入力対応のデジタル端末「デジタルペーパー」の新製品として、10.3型(A5サイズ相当)の「DPT-CP1」を発売した。

厚さ約5.9ミリ、重量約240グラムの世界最薄・最軽量ボディを実現しており、バッグなどに入れて気軽に持ち運べるのが特徴。

専用スマホアプリを利用すれば、スマホにダウンロードしたPDF資料を本機に転送して閲覧・添削したり、本機で手書きしたドキュメントをスマホ経由でメール送信したりすることも可能だ。

内蔵ストレージ(16Gバイト)に、約1万ファイルのPDF文書を保存できる。

透過型と落射型を使い分けられる「ハンディ顕微鏡」の上位モデル

レイメイ藤井
ハンディ顕微鏡DX

●発売日:4月6日
●価格:3780円

画像1: レイメイ藤井 ハンディ顕微鏡DX

 レイメイ藤井は、気軽に持ち運べる「ハンディ顕微鏡」シリーズの最上位モデルとして、「ハンディ顕微鏡DX」を発売した。

最大の特徴は、プレパラートに観察物を入れて下から光を当てる“透過型顕微鏡”と、観察物に上から光を当てる“落射型顕微鏡”をワンタッチで切り替えられること。

これにより、さまざまな状況や物に柔軟に対応できる。

また、スマホアダプターが付属しているので、観察物の撮影も簡単に行える。

倍率は100〜250倍。スマホのズーム機能を併用すれば、1200倍以上での観察も可能だ。UVライト機能も搭載。

画像2: レイメイ藤井 ハンディ顕微鏡DX

高速で快適な通信を実現する円形ボディの無線LANルーター

Google
Google Wifi

●発売日:4月26日
●価格:1万6200円

画像: Google Google Wifi
画像: ※画像提供: Google

※画像提供: Google

Googleが、無線LANルーター「Google Wifi」の日本での販売を開始した。

IEEE802.11ac対応のデュアルバンドタイプで、5Gヘルツで最大866Mbps、2.4Gヘルツで最大300Mbpsの通信が可能。

「Network Assist」技術により、混雑していないチャンネルと最速な帯域に自動的に接続してくれるので、常に高速で快適な通信が楽しめる。

また、ネットワーク管理が簡単に行えるスマホアプリも用意されており、特定の端末との接続を優先したり切断したりできる。

さらに、「Google Wifi」を追加することで、通信エリアを広げることも可能だ。

探したい物を簡単に見つけられるブルートゥース搭載キーホルダー

山善
attag

●発売日:5月上旬
●実売価格:2140円程度

画像1: 山善 attag
画像2: 山善 attag

山善が、探し物を見つけるためのキーホルダー「attag」を発売した。

ブルートゥースを搭載しており、専用アプリをインストールしたスマホと組み合わせて利用する。

使い方も簡単で、スマホとペアリングした後、なくしたくない物(鍵や財布など)に取り付けるだけ。

鍵や財布が見つからないときは、アプリを起動して画面のベルにタッチすると、「attag」が鳴って場所を教えてくれる。

逆に、「attag」のボタンを押すと、スマホが光って音が鳴るので、スマホ探しにも使える。

スマホのシャッターリモコンとしても使用可能。カラーは全8色。

画像3: 山善 attag

調理温度を正確に把握できる温度センサー内蔵のフライパン

ビタクラフト
テンプパン

●発売日:5月15日
●価格:22cm=1万7280円、26cm=2万1600円  

画像1: ビタクラフト テンプパン

ビタクラフトジャパンが、調理温度のわかるフライパン「ビタクラフト テンプパン」を発売した。

調理面に内蔵された温度センサーの計測値(1℃刻み)を、ハンドル部の液晶にリアルタイム表示するのが特徴で、温度を確認しながら的確に調理を進めることができる。

付属の取扱説明書&レシピブックには、40種類のメニューの最適な調理温度が紹介されているので、おいしい料理を簡単に作ることが可能だ。

ラインアップは、「テンプパン22㎝」(内径22センチ×深さ4.2センチ)と「テンプパン26㎝」(26センチ×5.5センチ)の2種類。

画像2: ビタクラフト テンプパン

乗るだけで全身を鍛えられるコンパクトなエクササイズ機器

ドリームファクトリー
3Dスーパーブレードスマート SB-003

●発売日:4月23日
●価格:3万9800円

画像1: ドリームファクトリー 3Dスーパーブレードスマート SB-003
画像2: ドリームファクトリー 3Dスーパーブレードスマート SB-003

ドリームファクトリーは、ボディケアブランド「ドクターエア」から、ボード型のエクササイズマシン「3Dスーパーブレードスマート SB-003」を発売した。

本機は、人気の「3DスーパーブレードS」を小型・軽量化し、設置性を高めた製品。

高速振動する本体(幅65センチ)の上に乗り、さまざまなポーズでバランスを取るだけで、お腹、脚、殿部、二の腕などを刺激し、シェイプアップを行える。

振動回数は最大840回/分(8段階調整可能)。3種類のオートモードや便利なタイマー機能も装備している。カラーは、ブラックとピンクの2色。

芝刈りや庭掃除を効率的に行えるトリマーとブロワーのセット

ブラック・アンド・デッカー
18Vナイロントリマー+ブロワー スターターセット

●発売日:4月上旬
●実売価格:2万4800円程度

画像: ナイロントリマー

ナイロントリマー

画像: ブロワー

ブロワー

ブラック・アンド・デッカーは、ビギナー向けコードレスガーデンツールの新製品として、欧米市場で人気の2モデルをセットにした「18Vナイロントリマー+ブロワー スターターセット(GLGW18C)」を発売した。

「ナイロントリマー」は、芝や雑草の手入れが簡単にできる便利なトリマー。

軽量で刃こぼれの心配もないナイロン刃を採用している。

2段階のパワー調整も可能。「ブロワー」は、最大風速約209キロのパワフルな風で、効率的な“吹き掃除”を行えるのが特徴。

落ち葉などを手早く集められるほか、洗車後の水切りにも利用できる。

画像: ブラック・アンド・デッカー 18Vナイロントリマー+ブロワー スターターセット

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.