自宅や会社などでWi-Fiを使っていると、あるとき突然つながらなくなったり、急に速度が遅くなったりといったことがある。その原因や解決策を、探ってみよう。

Wi-Fiの設定がわからない! どうすればWi-Fiを利用できる?

Wi-Fiを使うには、自宅やオフィスに「Wi-Fiルーター」と固定の高速インターネット回線があることが条件となる。また、駅やカフェ、コンビニなどでは、公衆無線LANサービス(「フリーWi-Fi」など)を利用することができる。
 
Wi-Fiを利用するには、スマホの設定で「Wi-Fi」を「オン」にして、利用するWi-Fiルーターの識別番号「SSID」を選択し、「パスワード」(暗号化キー)を入力する必要がある。SSIDとパスワードはWi-Fiルーターの本体に記載されているものを入力するか、Wi-Fiルーターの管理者が公表しているものを使う。

●スマホをWi-Fiルーターにアクセスさせる

画像: Wi-Fiを「オン」にして、SSID(ここでは「oriental_pro」)を選択。パスワードを入力すればいい。写真左がiPhone、同右がAndroidの画面。

Wi-Fiを「オン」にして、SSID(ここでは「oriental_pro」)を選択。パスワードを入力すればいい。写真左がiPhone、同右がAndroidの画面。

Wi-Fiルーターを最新のものに替えたが、全然速くならないのは、なぜ?

Wi-Fiには、新旧いろいろな通信規格があり、最新の規格ほど通信速度が速い。最新のルーターを買えば、採用されている通信規格も最新または主力の規格なので、Wi-Fiルーター側の性能には問題がないはずだ。それなのに通信速度が遅い場合、考えられるのは、大きく分けて二つのパターンがある。
 
一つは、スマホが古くて、最新のWi-Fi規格に対応していない場合だ。現在の主流で、多くのWi-Fiルーターやスマホが採用しているのは、802.11acという規格だが、数年前のスマホは、その一つ前の規格、802.11nにまでしか対応していないものもある。このような場合、最新スマホの半分以下の速度になる。特に、スマホが2.4Gヘルツにしか対応していない場合、速度はかなり遅くなる。
 
もう一つは、固定のインターネット回線が遅いこと。パソコンを有線でWi-Fiルーターに接続し、ネット回線の速度を計測してみよう。それがスマホとほぼ同じ程度の速度なら、回線そのものが遅いという可能性が高い。

●回線の速度を計測してみると……

Android

最新の11ac対応スマホを、光回線を使ったWi-Fiに接続したところ、約213.6Mbpsの速度が出た。

11nにまでしか対応していない端末を上と同じWi-Fiに接続したら、約49.7Mbpsしか出なかった。

特に何もしていないのに、突然、ネットやWi-Fiにつながらなくなるのはなぜ?

毎日使っているWi-Fiに、ある日突然つながらなくなるというトラブルは、割とよくある。また、Wi-Fiはつながっているはずなのに、ネットと通信できないという場合もある。これらのトラブルの多くは、スマホのWi-Fi設定のちょっとした不具合か、Wi-Fiルーターの不具合や動作状況によって発生することが多く、適切な操作によって復旧することが多い。
 
まず、やるべきは、スマホのWi-Fiを手動でオフ→オンすること。これで復旧しなければ、つながらなくなったスマホのWi-Fi設定を削除して、再度SSIDを選択してパスワードを入力する。スマホにSSIDが表示されない場合は、Wi-Fiルーターが正常作動していないことが予想されるので、Wi-Fiルーターの電源をオフ→オンして再起動させる。
 
もし、スマホとWi-Fiルーターが正常に接続している(スマホのWi-Fiの扇形マークが表示されている)のに、ネットにつながらない場合は、これもWi-Fiルーターの再起動が有効である。

●設定の削除や再起動が有効だ

iPhone

iPhone、Androidとも、Wi-Fi設定の削除→再設定で接続不良が解消する場合が多い。

スマホとWi-Fiルーターが正常に接続しているのにネットにつながらないなら、スマホでルーターの設定画面にアクセスし、再起動させよう。

Wi-Fiとブルートゥースは、両方ともワイヤレスだけど、どう違う?

「Wi-Fi」は、端末をインターネットに接続したり、端末どうしで高速データ通信したりするのに使われ、無線LANとも呼ばれる。「ブルートゥース」は、端末と周辺機器をワイヤレスでつないだり、端末どうしでデータ通信を行ったりする場合に使われる。

Wi-Fiは、Wi-Fiルーター1台に対し複数の端末が同時に通信できるのに対し、ブルートゥースは原則として端末と周辺機器での1対1の通信である。また、Wi-Fiの電波は、戸建て住宅全体まで届くのに対し、ブルートゥースはスマホ周辺の数メートルしか届かないといった違いもある。
 
スマホとブルートゥースでつなげることができる周辺機器は、スピーカー、イヤホン、ヘッドセット、キーボート、カーオーディオ、フィットネスバンド、スマートウオッチ……と多岐にわたっている。スマホでブルートゥースをオンにして、周辺機器側の「コネクト」ボタンを押すと、スマホの設定画面に周辺機器の型番が表示され、それをタップすると接続処理が完了。一度、設定を完了すれば、以降は自動接続となる。

●ブルートゥースの設定画面では周辺機器がリストアップされる

iPhone

ブルートゥースで接続するのは、主にスマホのスピーカーやヘッドセットといった周辺機器。近距離通信となる。

●ブルートゥース接続のキーボード

ロジクール
K480
実売価格例:2630円

画像: ブルートゥースでiPhoneと接続して使えるキーボード。iPhoneのスタンドも兼ねるスタイルとなっている。

ブルートゥースでiPhoneと接続して使えるキーボード。iPhoneのスタンドも兼ねるスタイルとなっている。

外出先で、スマホを使ってノートパソコンをネットに接続したいんだけど、どうやる?

屋外でノートパソコンをネットに接続する方法としては、前述したフリーWi-Fiを使う方法や、モバイルWi-Fiルーターを使うという方法も考えられるが、最も手軽なのは、スマホのテザリング機能を使うことだろう。
 
テザリングとは、スマホとノートパソコンをWi-Fiでつなぎ、スマホのモバイル回線を使ってノートパソコンをインターネットに接続することを指している。パソコン以外に、タブレットなども利用可能だ。キャリアによっては、テザリングの利用には申し込みが必要なので、その点は事前に確認しておこう。
 
iPhoneは「インターネットネット共有」、Androidは「Wi-Fiテザリング」をオンにすれば、パソコンのWi-Fi設定画面にスマホのSSIDが表示される。それを選択し、スマホに表示されたパスワードを入力すれば、パソコンもネットが利用できるようになる。

●パスワードは任意のものに変更可能

iPhone

「インターネット共有」をオンにすればテザリングが使える。パスワードは自動生成されるが、任意に変更可能。

Android

Androidは「Wi-Fiテザリング設定」をオンにする。パスワードは右上のメニューから変更可能だ。

解説/福多利夫(フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.