最近、スティック型の掃除機が続々と登場しているが、そのけん引役となっているのがダイソンであろう。最新モデルでは、最長60分問運転というスタミナぶりだ。どこがすごいのか、人気の秘密はどこにあるのか、見てみよう。

新開発の「ダイソンデジタルモーターV10」を搭載。本体のレイアウトも変更

ダイソン
Dyson Cyclone V10 Fluffy
実売価格例:7万5370円

コードレスの弱点である掃除時間の短さを克服し、最長60分にアップ。また、毎分12万5000回転する「ダイソンデジタルモーターV10」を搭載。サイクロン部とクリアビンを縦に配置することで、気流がストレートになり、吸引力も向上。

スティック掃除機として高い人気を誇るダイソンの最新モデル。これまでは、バッテリーのもちに不安があったが、新開発の7セル大容量バッテリーにより、最長約60分の連続稼働を実現。ソフトローラークリーナーヘッド使用時でも、約40分掃除が可能だ。実際に掃除をしてみたが、 仕事部屋、階段、リビングなどを掃除して回っても、バッテリー切れすることなく使えた。

●パワフルな吸引力を維持するバッテリー

画像: 高密度の7セルバッテリーを新開発。従来と変わらない吸引力で、稼働時間を大幅に延ばしている。

高密度の7セルバッテリーを新開発。従来と変わらない吸引力で、稼働時間を大幅に延ばしている。

また、同社の売りであるモーターには、新開発の「ダイソンデジタルモーターV10」を搭載。本体のレイアウトも変更し、吸引した空気が、モーターからフィルターまでまっすぐに届くようになり、より吸引力が増している。

従来より静音性が高くなっており、夜でも使えそうな印象。また、床にまいた大小のゴミも、ソフトローラークリーナーヘッドによりスムーズに吸い込むことができた。

●小型・軽量なモーターを開発

画像: クリアビン、サイクロン、モーターを直線的に配置することで空気の流れに無駄がなくなり、吸引力がアップ。

クリアビン、サイクロン、モーターを直線的に配置することで空気の流れに無駄がなくなり、吸引力がアップ。

さらに、本機はV10シリーズの中では、ベーシックなモデルに当たるが、ミニモーターヘッドやすき間ノズルなどが同梱され、一台でさまざまな場所をカバー。メインの掃除機として十分活用できる。

●さまざまな場所を一台で掃除できる!

画像: 標準のソフトローラークリーナーヘッド以外に、左からコンビネーションノズル、ミニソフトブラシ、ミニモーターヘッド、すき間ノズルが付属。 狭い場所なども一台で掃除できる。

標準のソフトローラークリーナーヘッド以外に、左からコンビネーションノズル、ミニソフトブラシ、ミニモーターヘッド、すき間ノズルが付属。 狭い場所なども一台で掃除できる。

【結論】
トリガー式スイッチにより細かくオン/オフができ、バッテリー持続時間以上に長く掃除ができた。吸引力が非常に強く、特にフローリングの掃除に優れる。

●本体サイズ/幅250㎜×高さ1232㎜×奥行き245㎜(スティック時、ソフトローラークリーナーヘッド装着時)●本体重量/1.54㎏

解説/コヤマタカヒロ(デジタル&家電ライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.