今月も注目のニューアイテムが目白押し。「特選街」編集部がセレクトした9月の新製品情報【5】をお届けしましょう。

EV走行距離114.6キロを実現した新型プラグインハイブリッド車

Honda
CLARITY PHEV

価格:588万600円

画像1: Honda CLARITY PHEV
画像2: Honda CLARITY PHEV

Hondaは、上級セダン「CLARITY」シリーズのラインアップに、プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を追加した。

革新的2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の搭載により、EV走行距離114.6キロを実現したのが特徴。また、バッテリーの充電状態や走行状況に応じて、ハイブリッドドライブやエンジンドライブに自動的に切り替わるので、常に快適で効率的な走行が可能だ。外出先でも充電しやすい急速充電機能も搭載。先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」も標準装備している。

自転車と電動バイクの魅力を兼ね備えたハイブリッドバイク

シージェー・ビート
JACKBIKE Z-1

価格:12万8000円

画像: シージェー・ビート JACKBIKE Z-1

シージェー・ビートは、自転車と電動バイクを融合させたハイブリッドバイク「JACKBIKE Z-1」を発売した。

「自転車モード」「ハイブリッドモード」「電動モード」の三つを、状況に合わせて自由に切り替えられるのが特徴。「ハイブリッドモード」では、電動アシスト自転車よりパワフルな新感覚の乗り心地が楽しめる。タイヤは16インチ。「電動モード」での最高速度は時速30キロ。走行可能距離は約45キロ。折り畳みも可能。

なお、「第一種原動機付自転車」に分類されるため、乗るには運転免許(原付1種、普通自動車など)が必要になる。

小型車にもスッキリと設置できるコンパクトなドライブレコーダー

JVCケンウッド
GC-DR3

実売価格:1万7150円程度

画像1: JVCケンウッド GC-DR3

JVCケンウッドは、JVCブランドから、ドライブレコーダーのエントリーモデル「GC-DR3」を発売した。幅62ミリ×高さ51ミリ×奥行き37ミリのコンパクト設計で、小型車にもスッキリ取り付けられるのが特徴。サイズは小さいが、フルHDの高画質録画が可能なので、ナンバープレートや標識なども鮮明に記録できる。

HDR機能も装備しているから、逆光などの明暗差が大きい状況でも、白飛びや黒つぶれを抑えた見やすい映像に補正することが可能だ。記録モードは、「常時録画」「イベント記録」「駐車録画」「写真撮影」の4種類。

画像2: JVCケンウッド GC-DR3

夜間も鮮明な映像を記録できるフルHDドライブレコーダー

ユピテル
SN-SV60vd/SV60c

実売価格:SV60vd=2万7000円程度、SV60c=2万3800円程度

画像: SN-SV60c

SN-SV60c

画像: ユピテル SN-SV60vd/SV60c

ユピテルが、「SUPER NIGHT」シリーズのドライブレコーダー「SN-SV60vd」と「同SV60c」を発売した。

いずれも、200万画素CMOSセンサーを搭載しており、フルHD画質の高精細な映像を撮れるのが特徴。CMOSセンサーには、暗所撮影に強いSTARVIS技術を採用しているので、ヘッドライト無点灯時でも、周囲の状況を明確に記録できる。ほかに、HDR機能、GPS、無線LANなども装備している。

「SV60vd」には、電圧監視機能付き電源ユニットが付属するので、最大約12時間の駐車中記録も可能だ。「SV60c」はオプション対応。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.