20年ぶりにフルモデルチェンジされたスズキ・ジムニーは、代表的な個性派軽自動車だ。新型は、コンパクトサイズと機動性の高さを生かした悪路走破性に加え、オンロード性能も向上。現在は1年近いバックオーダーを抱える人気ぶりだ。新世代の商用軽バン・N-VANなど、軽カーが人気沸騰中だ。

個性派軽自動車
新型ジムニー、新世代の商用軽バン・N-VANなど、今、この軽カーがすごい

日本独自の規格である軽自動車。全長3400ミリ以下、全幅1480ミリ以下、全高2000ミリ以下というサイズで、非常に幅広い選択肢から選べ、中には強烈な個性を放つクルマも存在する。

20年ぶりにフルモデルチェンジされたスズキ・ジムニーなどは、代表的な個性派軽自動車だ。新型は、コンパクトサイズと機動性の高さを生かした悪路走破性に加え、オンロード性能も向上。現在は1年近いバックオーダーを抱える人気ぶりだ。

ホンダ・S660も魅力的な軽自動車。世界最小のマイクロミッドシップスポーツだが、「軽自動車のスポーツカー」ではなく、「スポーツカーの軽自動車」として開発されており、すべてにおいて軽自動車であることを感じさせない仕上がりが、高く評価されている。

同じくホンダのN-VANは、軽バンながらも道具感と自由に使える広々スペースなどを生かし、ライフスタイル提案モデルとして乗用ニーズもねらっているという。

今や軽自動車は、「我慢」のクルマではなく、積極的に選びたいモデルへと変わりつつあるのだ。

●20年ぶりにフルモデルチェンジされた スズキジムニー

画像: 小さなボディを生かした高い悪路走破性で確固たる地位を築いたスズキ・ジムニー。新型は1年待ちともいわれる人気ぶり。

小さなボディを生かした高い悪路走破性で確固たる地位を築いたスズキ・ジムニー。新型は1年待ちともいわれる人気ぶり。

●世界最小のマイクロミッドシップスポーツ ホンダS660

画像: S660 Modulo Xは専用のカスタマイズパーツを装着し、より豪華になっている。

S660 Modulo Xは専用のカスタマイズパーツを装着し、より豪華になっている。

●ライフスタイル提案モデルとして乗用ニーズも狙う ホンダN-VAN

画像: Hondaの軽バンとしては初となる、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備する。

Hondaの軽バンとしては初となる、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備する。

シニア向け小型高級車
コンパクトさと燃費、安全性、コスパをクリアしつつ、高級感がある一台はこれ

シニアになると、子育て時代ほど大きなクルマは必要なくなる。しかし、大きなクルマに乗っていた人は、小さいモデルへの乗り替えを躊躇するケースが多い。扱いやすさや経済性などにメリットを感じる一方で、「格下感」が嫌だというのだ。そうなると、コンパクトで燃費、安全、コスパをクリアしつつ、ちょっとした高級感があれば理想的。そんな条件を満たすクルマを紹介したい。

一台は、大ヒット中の日産・ノートe-POWERにラインアップされている裏メニュー「AUTECHスポーツスペック」だ。

コンパクトカーのスペシャルモデルは、若者向けのスポーティな装いが多いが、AUTECHはクラフトマンシップを感じさせるこだわりの内外装が魅力。さらに大人向けに最適化された走りもプラスされており、数々のクルマを乗り継いできたシニアにも納得の仕上がりだ。

もう一台、価格は高めになってしまうが、ボルボ・V40も大型モデルと変わらない安全性の高さと、「小さな高級車」と呼ぶにふさわしい内外装の仕立てが魅力。大きなクルマから乗り換えてもまったく問題ない。

●人気の日産ノートe‐POWERの高級バージョン

画像: ボディの要所を補強して剛性感を高めるなど、走りの面でも細かな手が入っている。価格は245万3760円(税込)。

ボディの要所を補強して剛性感を高めるなど、走りの面でも細かな手が入っている。価格は245万3760円(税込)。

●大型モデルと変わらない安全性の高さが魅力のボルボV40

画像: 「小さな高級車」と呼ぶにふさわしい内外装の仕立てが特徴。

「小さな高級車」と呼ぶにふさわしい内外装の仕立てが特徴。

解説/山本シンヤ(自動車研究家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.