中国・Shenzhen Arashi Vision社製の360度カメラ「Insta360 ONE X」の国内販売をハコスコが開始した。自撮り棒に取り付けて撮影すると、映像から自撮り棒が自動的に消去され、ドローンを使ったかのような空撮が可能という。
画像: 画期的なFlowState手ブレ補正機能を装備する。

画期的なFlowState手ブレ補正機能を装備する。

ボディの前面と背面に画角200度の魚眼レンズを搭載

Shenzhen Arashi Vision Insta360 ONE X

●発売日:10月下旬
●価格:5万2300円
●問い合わせ先:ハコスコ

ハコスコは、中国・Shenzhen Arashi Vision社製の360度カメラ「Insta360 ONE X」の国内販売を開始した。ボディの前面と背面に、画角200度の魚眼レンズを搭載しており、5.7K画質(5760ドット×2880ドット)の全天球動画を手軽に撮影できるのが特徴。

画期的なFlowState手ブレ補正機能を装備しているので、カメラ単体で驚くほど滑らかな映像を記録することができる。また、自撮り棒に取り付けて撮影すると、映像から自撮り棒が自動的に消去されるため、ドローンを使ったかのような空撮が可能だ。多彩な編集機能も搭載。

●価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.