シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151」は、電気ケトルと電気鍋の機能を兼ね備えたアイデア商品。ケトルのようにお湯を沸かして注げるほか、日本酒のかんをしたり、レトルト食品を温めたり、料理を作ったりと幅広く活用できる。無段階の温度調整機能(40~100℃)と60分の保温機能も備える。

湯沸かしから温め、調理まで多目的に使えるアイデア商品

シロカは、キッチン家電の新ラインアップとして、「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151」を発売する。

シロカ
おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151

●発売日:2月9日
●価格:1万6200円

画像1: シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151

本機は、電気ケトルと電気鍋の機能を兼ね備えたアイデア商品。ケトルのようにお湯を沸かして注げるほか、日本酒のかんをしたり、レトルト食品を温めたり、料理を作ったりと幅広く活用できる。

画像2: シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151
画像3: シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151

無段階の温度調整機能(40~100℃)と60分の保温機能も備えているから、ラーメン、鍋物、チーズフォンデュなど、多彩なメニューに対応可能だ。本体にヒーターを内蔵していないので、使用後は丸洗いできる。容量は1リットル。

●問い合わせ先:シロカ 0570-001-469

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.