GoProの最新モデル「HERO7 Black」を実際に撮影した結果、結論は「アクションカメラの決定版」といっていい。注目は、動画撮影時に電子的にブレを抑える「Hyper Smooth(ハイパースムーズ)」機能の搭載。先代モデルより手ブレ補正が強化され、カメラが激しく動く動画撮影でも滑らかに撮れる。プロおすすめの一機だ。

こんなカメラで撮ってみた!
GoPro HERO7 Black

アクションカメラの代名詞的存在がさらに進化!

GoProといえば、この形。初代から大きくは変わっていないシンプルなスタイルが、ユーザーに安心と信頼感を与える。HERO7シリーズには、Blackのほかに、Silver、Whiteの2モデルあるが、本機は唯一40K/60p撮影に対応し、ボディ前面部に撮影時間などを表示するディスプレイを備える。

実売価格例:5万3460円

画像: ●サイズ/幅62.3㎜×高さ44.9㎜×奥行き33㎜●重量/116g

●サイズ/幅62.3㎜×高さ44.9㎜×奥行き33㎜●重量/116g

画像: 背面に2.0型のタッチ式液晶モニターを搭載。初期設定や撮影モードの変更などは、本体で行うことができる。なお、スマホアプリでは撮った映像の編集も可能。

背面に2.0型のタッチ式液晶モニターを搭載。初期設定や撮影モードの変更などは、本体で行うことができる。なお、スマホアプリでは撮った映像の編集も可能。

画像: マウントが充実しているのもGoProの特徴。写真はカメラグリップ、ミニ三脚、延長アームと、3とおりに使える「3-Way」(実売価格例9720円)。

マウントが充実しているのもGoProの特徴。写真はカメラグリップ、ミニ三脚、延長アームと、3とおりに使える「3-Way」(実売価格例9720円)。

カメラが激しく動く動画撮影でも滑らかに撮れる!

■「HyperSmooth」で、遊具に乗っていてもブレなし!

アクションカメラの定番であるGoProの最新モデル、HERO7 Black。これまで同様、ボディは四角い石鹸箱ほどの大きさで、防水仕様(本機は水深10メートルまで)なども踏襲。注目は、動画撮影時に電子的にブレを抑える「Hyper Smooth」機能である。先代モデルでも、手ブレ補正は強化されていたが、本機ではさらに強力に進化している。

画像: 遊園地の遊具でも大活躍。強力な電子ブレ補正機能「HyperSmooth」により、遊具の動きやカメラを持つ手などから発生するブレを抑え、滑らかな動きを実現。ビデオカメラの代わりとして日常的に使っても楽しい。上の画像は、4K/60pの動画から切り出したもの。

遊園地の遊具でも大活躍。強力な電子ブレ補正機能「HyperSmooth」により、遊具の動きやカメラを持つ手などから発生するブレを抑え、滑らかな動きを実現。ビデオカメラの代わりとして日常的に使っても楽しい。上の画像は、4K/60pの動画から切り出したもの。

■自転車に乗ってガタガタと揺れても乱れのない映像が撮れる!

画像: 子供用の自転車にマウントを装着して撮影。こちらもブレを良好に抑えている。逆光のため、ゴーストおよびフレアが発生しているが、アクションカメラとしてはよく抑えているほうだ。

子供用の自転車にマウントを装着して撮影。こちらもブレを良好に抑えている。逆光のため、ゴーストおよびフレアが発生しているが、アクションカメラとしてはよく抑えているほうだ。

実際、カメラが激しく動く撮影を行っても、映像がブレで乱れることがなく、滑らかな動きで撮れているのは驚きだ。3軸ジンバル(ブレを抑える回転台)を搭載したDJIのOsmo Pocketと比べても、効果はそれ以上だろう。
 
スポーツ時をはじめ、動きの激しい被写体に装着して撮影するなら、本機以外考えられないほど。4K/60pの動画撮影にも対応しており、アクションカメラの決定版といえるモデルだ。

まとめ

撮影時のアイデアと、別売マウントをいかに活用するかがこのカメラを楽しむ肝だ。バッテリーのもちは決していいほうではないので、長時間の撮影を楽しむときは、予備のバッテリーを忘れずに。

画像: Photo&Text /大浦タケシ:宮崎県都城市生まれ。メカニカルな楽しさもあるジンバルタイプか、強力な電子ブレ補正タイプか、今回のレビューでどちらのアクションカメラを選べばいいのか、ますます悩みが増した。

Photo&Text /大浦タケシ:宮崎県都城市生まれ。メカニカルな楽しさもあるジンバルタイプか、強力な電子ブレ補正タイプか、今回のレビューでどちらのアクションカメラを選べばいいのか、ますます悩みが増した。

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.