パナソニック 「ストラーダCN-E310D」は、7V型ワイド液晶と8GバイトSSDを搭載し、2018年度開通の道路情報を反映した最新地図データを収録したカーナビ。交通情報サービス「VICS WIDE」にも標準対応し、自動渋滞回避機能「スイテルート案内」も利用できる。

最新の地図データを収録したベーシックタイプのSSDカーナビ

パナソニックは、カーナビ「ストラーダ」の新ラインアップとして、7V型ワイド液晶と8GバイトSSDを搭載したベーシックモデル「CN-E310D」を発売した。2018年度開通の道路情報を反映した最新地図データを収録しており、ストレスのないスムーズなナビを行えるのが特徴。

パナソニック
ストラーダ CN-E310D

●発売日:1月中旬
●実売価格:5万3700円程度

画像: パナソニック ストラーダ CN-E310D

交通情報サービス「VICS WIDE」にも標準対応しているから、自動渋滞回避機能「スイテルート案内」も利用できる。また、ブルートゥースを装備しているので、スマホなどに保存した音楽をワイヤレスで再生可能だ。ワンセグ/FM/AMチューナーも搭載。

●問い合わせ先:パナソニック 0120-50-8729

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.