オーディオテクニカの新型ブルートゥースヘッドホン「ATH-ANC900BT」は、騒々しい場所でも鮮明な音を楽しめるノイズキャンセリング技術を採用。NC併用で最大35時間の連続再生を実現している。また、有線接続でハイレゾ音源も楽しめるところもポイントだ。

オーディオテクニカ
ATH-ANC900BT

NC併用で35時間の連続再生が行えるブルートゥースヘッドホン

オーディオテクニカが、新型ブルートゥースヘッドホン「ATH-ANC900BT」を発売した。「QuietPointデジタルハイブリッドノイズキャンセリング技術」を採用しており、騒々しい環境でも鮮明な音を楽しめるのが特徴。

●発売日:2月15日
●実売価格:3万7300円程度

画像1: NC併用で35時間の連続再生が行えるブルートゥースヘッドホン

スマホアプリと連係すれば、周囲の状況に応じてノイズキャンセル効果を変えることもできる。ヒアスルー機能も備えているから、必要なときは周りの音を聞くことも可能だ。ドライバーは40ミリ径の高解像度タイプで、有線接続ならハイレゾ音源も楽しめる。連続再生は、ノイズキャンセル併用で最大約35時間。

画像2: NC併用で35時間の連続再生が行えるブルートゥースヘッドホン

問い合わせ先:オーディオテクニカ 0120-773-417

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.