夏に向けてDCモーター搭載扇風機の最新モデルが続々と登場している。注目は羽の形だ。シャープからは、蝶の羽根の形状を応用したネイチャーウイング採用の「PJ-J3DG」が登場。東芝は、新形状10枚羽根の「F-DSX1000」を、ドウシシャは「カモメファン」シリーズの使い勝手を向上させた「FKLU-303D」を投入。注目の最新扇風機を紹介しよう。

シャープ、東芝、ドウシシャが今季の新製品を投入!

夏に向けて、シャープ、東芝、ドウシシャからDCモーター搭載扇風機の最新モデルが続々と登場した。

画像: 左から、東芝「F-DSX1000」、シャープ「PJ-J3DG」、ドウシシャ「FKLU-303D」

左から、東芝「F-DSX1000」、シャープ「PJ-J3DG」、ドウシシャ「FKLU-303D」

シャープは、さまざまな蝶の羽根の形状を応用した「ネイチャーウイング」を採用することで、肌に当たってもより不快感のない自然な風を指向しており、その正統進化モデルを投入。アサギマダラ蝶の羽根のくびれとうねり、アゲハ蝶の羽根の「尾状突起」に加え、蝶の羽根の筋の形状も応用した「トリプル・ネイチャーウイング」を採用。7枚羽根ながら21枚羽根相当の滑らかな風を実現しただけでなく、消費電力はそのままに、最大風量もアップした。

シャープ PJ-J3DG

実売価格例:3万3260円

画像: 蝶の羽根の形状を応用した「トリプル・ネイチャーウイング」を採用。ムラの少ない滑らかな風を実現。消費電力はそのままに、最大風量をアップした。

蝶の羽根の形状を応用した「トリプル・ネイチャーウイング」を採用。ムラの少ない滑らかな風を実現。消費電力はそのままに、最大風量をアップした。

画像: トリプル・ネイチャーウイング

トリプル・ネイチャーウイング

東芝も、羽根の進化に注目したい。大きな羽根5枚と小さな羽根5枚を組み合わせた「新形状10枚羽根」によって渦巻き状の気流を発生させ、従来機よりもさらに遠くへ風を届けることができる。羽根を回す回転軸が円を描くように動くことで、羽根全体が旋回して気流を拡散させる「旋回風」を実現。これによって風の到達範囲を広げている。

東芝 F-DSX1000

実売価格例:3万20円

画像: 大小各5枚の羽根を組み合わせた「新形状10枚羽根」の渦巻き気流と、羽根全体が旋回して発生する「旋回風」によって、最大約10メートルの広範囲に涼風を届ける。

大小各5枚の羽根を組み合わせた「新形状10枚羽根」の渦巻き気流と、羽根全体が旋回して発生する「旋回風」によって、最大約10メートルの広範囲に涼風を届ける。

画像: 新形状10枚羽根

新形状10枚羽根

画像: 旋回風

旋回風

ドウシシャの「カモメファン」シリーズは、カモメの羽根の形状を応用した羽根を採用。さらに、今季は使い勝手の向上にも注力した。本体羽根の横にダイヤルとタッチセンサーを搭載する操作部を配置したことで、かがみ込まなくても電源のオン・オフや風量調節などの操作ができるようになった。ボタンを押す必要がなくなり、デザイン面でもスッキリ。従来の性能を維持しつつ、なじみやすい使い勝手を実現している。

ドウシシャ FKLU-303D

実売予想価格:3万110円

画像: 操作部を羽根の横にあるダイヤルとタッチセンサーに集約。ボタンを押すのではなく、かがまずに触る、回すというなじみやすい操作感を実現した。

操作部を羽根の横にあるダイヤルとタッチセンサーに集約。ボタンを押すのではなく、かがまずに触る、回すというなじみやすい操作感を実現した。

画像: 操作部

操作部

いずれのモデルも、快適な風を目指して進化を遂げた。店頭などで新モデルの風に当たってみるといいだろう。

※価格は記事作成時のものです。

TEXT/安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.