ドローンのトップブランドであるDJIから、アクションカメラ「OSMO ACTION」が登場。最大の特徴は、前面と背面の両方のデュアルディスプレイ。同社のドローンやジンバルで定評のある映像ブレ補正技術も、さらに一歩進んだ形で搭載。アクション動画の撮影において、安定したブレのない映像記録を実現する。

前面と背面それぞれにディスプレイを搭載したDJIのアクションカメラ

ドローンのトップブランドであるDJIから、アクションカメラ「OSMO ACTION」が登場。最大の特徴は、前面と背面の両方に装備されたデュアルディスプレイ。レンズ越しの光景だけでなく、セルフィー動画を、構図を確認しながら撮影することができる。

レンズ側にもディスプレイを搭載

画像: DJIのアクションカメラ「OSMO ACTION」が登場! レンズ側にもディスプレイを搭載した注目モデル

DJI
OSMO ACTION
実売価格例:4万4820円

●1/2.3型CMOS
●12Mピクセル
●最大駆動時間63分(4K 60fps、ロックステディON)
●充電時間90分
●幅65㎜×高さ42㎜×奥行き35㎜
●重量124g

画像: 前面ディスプレイは1.4型。セルフィ―の構図を確認しながら撮影ができる。

前面ディスプレイは1.4型。セルフィ―の構図を確認しながら撮影ができる。

画像: 背面ディスプレイは2.25型。防水性は水深11メートルまで。専用の防水ケースで60メートルまでの潜水に対応。

背面ディスプレイは2.25型。防水性は水深11メートルまで。専用の防水ケースで60メートルまでの潜水に対応。

同社のドローンやジンバルで定評のある映像ブレ補正技術も、さらに一歩進んだ形で搭載。激しい動きが前提となるアクション動画の撮影において、安定したブレのない映像記録を実現する。
動画スペックは、4K/60fps/100Mbps。ディテールを滑らかに記録するほか、ダイナミックレンジを劇的に広げるHDR機能も搭載。アクションカメラの新時代を開く注目モデルだ。

画像: 専用アプリ「DJI Mimo」を使って、カメラのコントロールや映像編集、SNSへのシェアなどが可能。

専用アプリ「DJI Mimo」を使って、カメラのコントロールや映像編集、SNSへのシェアなどが可能。

※価格は記事作成時のものです。
文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.