DJIのアクションカメラ「OSMO ACTION」が登場! レンズ側にもディスプレイを搭載した注目モデル

文具・ホビー・カメラ

ドローンのトップブランドであるDJIから、アクションカメラ「OSMO ACTION」が登場。最大の特徴は、前面と背面の両方のデュアルディスプレイ。同社のドローンやジンバルで定評のある映像ブレ補正技術も、さらに一歩進んだ形で搭載。アクション動画の撮影において、安定したブレのない映像記録を実現する。

前面と背面それぞれにディスプレイを搭載したDJIのアクションカメラ

ドローンのトップブランドであるDJIから、アクションカメラ「OSMO ACTION」が登場。最大の特徴は、前面と背面の両方に装備されたデュアルディスプレイ。レンズ越しの光景だけでなく、セルフィー動画を、構図を確認しながら撮影することができる。

レンズ側にもディスプレイを搭載

DJI
OSMO ACTION
実売価格例:4万4820円

●1/2.3型CMOS
●12Mピクセル
●最大駆動時間63分(4K 60fps、ロックステディON)
●充電時間90分
●幅65mm×高さ42mm×奥行き35mm
●重量124g

前面ディスプレイは1.4型。セルフィ―の構図を確認しながら撮影ができる。

背面ディスプレイは2.25型。防水性は水深11メートルまで。専用の防水ケースで60メートルまでの潜水に対応。

同社のドローンやジンバルで定評のある映像ブレ補正技術も、さらに一歩進んだ形で搭載。激しい動きが前提となるアクション動画の撮影において、安定したブレのない映像記録を実現する。
動画スペックは、4K/60fps/100Mbps。ディテールを滑らかに記録するほか、ダイナミックレンジを劇的に広げるHDR機能も搭載。アクションカメラの新時代を開く注目モデルだ。

専用アプリ「DJI Mimo」を使って、カメラのコントロールや映像編集、SNSへのシェアなどが可能。

※価格は記事作成時のものです。
文/特選街編集部

文具・ホビー・カメラ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース