アナログ回帰の本格化で、さまざまな音源がアナログレコードで入手可能になった。去る8月21日にソニー・ミュージックダイレクトから佐野元春「VISITORS(ビジターズ)」と「CafeBohemia(カフェボヘミア)」の新カッティングがリリースされた。単身渡米後の1980年代中期、音楽シーンに多大な影響を与えた2作品で、カッティングは現代の名匠バーニー・グランドマン。

佐野元春の1980年代中期の2アルバムが新カッティングのアナログレコードで登場

アナログ回帰の本格化で、近ごろは新旧問わず、さまざまな音源がアナログレコードで入手できるようになっているが、8月21日、ソニー・ミュージックダイレクトから佐野元春の「VISITORS(ビジターズ)」と「CafeBohemia(カフェボヘミア)」が新カッティングでリリースされた。

ソニー・ミュージックダイレクト
「VISITORS」「Café Bohemia」
標準価格:各3700円(税別)

絶頂期の2作品を高音質で堪能

画像: VISITORS

VISITORS

画像: Café Bohemia

Café Bohemia

カッティングは現代の名匠バーニー・グランドマン。すでに初期の3作品がアナログレコード化されている佐野だが、単身渡米後の1980年代中期、音楽シーンに多大な影響を与えた2作品の再リリースは、アナログ人気にさらに拍車をかけそうだ。

文/特選街編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.