本機は、タンクに水を入れて充電器にセットするだけでスタンバイOK。無線LANに接続すると、スマホでの遠隔操作やスケジュール管理ができる。何度か掃除して部屋の間取り図を完璧に覚えると、キッチンだけを掃除させることなども可能。もちろん水拭きだけでなく、から拭きもこなせる。

今回のスゴ腕家電ファイル
アイロボット ブラーバ ジェットm6

「しまった!」金田一耕助のように思わず駆け出し、そのまま飲み屋に駆け込み、勢いよく話したくなる!そんな事件な製品を毎月ファイリング。その事件性を“スゴ腕”家電探偵こと滝田勝紀が丹念に捜査して暴く!

解説者のプロフィール
滝田勝紀(たきた・まさき)
クリエイティブ・エディター&プロデューサーで、家電スペシャリストとして「All About」の家電ガイドを務める。30代男性向けのオフを充実させる電子雑誌『ds』編集長に就任。ドイツで開催される「IFA」ほか、海外展示会取材経験も豊富。

今回の事件家電ファイル
アイロボット ブラーバ ジェットm6

実売価格例:7万5470円

画像: 部屋の環境を学習し、最適なパターンで拭き掃除を行うマッピング機能を搭載したロボット掃除機。ジェットスプレーが、こびりついた汚れを浮かせて拭き取る。専用のクリーニングパッドは、洗濯可能なタイプと使い捨てタイプから選ぶことができる。

部屋の環境を学習し、最適なパターンで拭き掃除を行うマッピング機能を搭載したロボット掃除機。ジェットスプレーが、こびりついた汚れを浮かせて拭き取る。専用のクリーニングパッドは、洗濯可能なタイプと使い捨てタイプから選ぶことができる。

水拭きを人がやる時代は終わった!ルンバとの連係機能はまさに未来

もはや、水拭きを人がやる時代は完全に終わった!と強くいい切れるほど、スゴい拭き掃除ロボットが発売された。

ブラーバ ジェットm6の登場は、それほどセンセーショナルな事件である。

これまでのブラーバ ジェット250は、ルンバと比べると、まだ人がかかわる必要があった。充電は自動ではなかったし、スタートボタンを押さないとスタートしなかった。

だが、ブラーバ ジェットm6は違う。拭き掃除に、ほとんど人がかかわらなくていいのである。ルンバの最高級モデル、i7と同様、ブラーバ ジェットm6は最高の頭脳を手に入れたからだ。

タンクに水を入れておけば、あとは充電器にセットするだけで、いつでもスタンバイOK。無線LANと接続することで、スマホでの遠隔操作やスケジュール管理も可能だ。

また、何度か掃除して部屋の間取り図を完璧に覚えれば、キッチンだけを掃除するといったこともでき、より効率的な拭き掃除が行えるようになった。もちろん、水拭きだけでなく、から拭きもこなせる。

さらに驚くのは、ルンバとの連係機能「Imprint(インプリント)リンク」だ。これは、ルンバi7でゴミを吸い取ったら、続いて、ブラーバ ジェットm6が拭き掃除をするというもの。

まるでロボットどうしが、「俺(i7)が床を掃いたから、次は、お前(m6)が床を拭いて!」と会話しているよう。いよいよ目の前に未来がやってきた感じは、まさに事件である。

ココが事件だ!
部屋のマップや間取り図を作成できる

画像: 【水拭きロボット】ブラーバ ジェットm6がルンバi7と連係! 掃除を「人」がやる時代は終わるのか

「iAdapt3.0ビジュアルローカリゼーション」により、部屋のマップや間取り図を作成。各部屋に名称を付け、「リビングは週2回、キッチンは毎日」というように各部屋ごとに掃除できる。

ココが事件だ!
「Imprintリンク」でルンバから掃除を受け継ぐ

画像: 「ルンバi7」シリーズの清掃完了後に、「ブラーバ ジェットm6」が清掃を開始する「Imprintリンク」機能。両機がWi-Fiにつながることで、クラウド経由でやり取りができる。

「ルンバi7」シリーズの清掃完了後に、「ブラーバ ジェットm6」が清掃を開始する「Imprintリンク」機能。両機がWi-Fiにつながることで、クラウド経由でやり取りができる。

ココが事件だ!
付属するパッドは4種類。清掃モードは自動で設定される

画像: 水拭きと乾拭きのそれぞれに、「洗濯可能」「使い捨て」のパッドが用意される。各パッドの違いは、本体と接する部分の切り欠きで判別され、パッド装着時に自動で清掃モードが設定される。

水拭きと乾拭きのそれぞれに、「洗濯可能」「使い捨て」のパッドが用意される。各パッドの違いは、本体と接する部分の切り欠きで判別され、パッド装着時に自動で清掃モードが設定される。

解説/滝田勝紀
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.