ASUS(エイスース)は設立30周年に当たり、新製品のデュアル4K画面を備えたハイエンドノート「ZenBook Pro Duo」を発表。15.6型の有機ELメインディスプレイに加え、キーボード上部にも14.0型のタッチ式ディスプレイを搭載。数あるWindowsノートを代表する旗艦モデルになるだろう。

世界初! 二つの4Kディスプレイを搭載した超ハイスペックノートPC

メイン画面と連係する、もう一つのディスプレイで多彩な活用が可能

最近は、スマホへの注力も目立つASUS(エイスース)。同社の設立30周年に当たり、パソコンでも健在ぶりを示す新製品が発売された。それが、デュアル4K画面を備えたハイエンドノート、ZenBook Pro Duo(ゼン ブック プロ デュオ)だ。

天板に同社お得意のスピン加工を施すなど、外観こそパソコン然としたシルエットを踏襲しているが、刮目すべきはクラムシェルを開いた内部にこそある。15.6型(3840ドット×2160ドット)の有機ELメインディスプレイに加え、キーボード上部にも広大な14.0型(3840ドット×1100ドット)のタッチ式ディスプレイを搭載。天板を開けば、本機が特別な一台であることを肌で感じさせてくれるはずだ。

ASUS
ZenBook Pro Duo
実売価格例:50万3360円(UX581GV-9980モデル)

画像: 4K解像度の2画面ディスプレイを搭載したハイエンドA4ノート。CPUには第9世代のCore i9プロセッサー、メモリーは32Gバイト、ストレージは1TバイトのSSDを搭載。サイズ・重量は、幅359.5ミリ×高さ24ミリ×奥行き246ミリ・2.5キロ。Core i7プロセッサーを採用するなど、一部スペックが異なる下位モデル(実売価格例:39万420円)も用意している。

4K解像度の2画面ディスプレイを搭載したハイエンドA4ノート。CPUには第9世代のCore i9プロセッサー、メモリーは32Gバイト、ストレージは1TバイトのSSDを搭載。サイズ・重量は、幅359.5ミリ×高さ24ミリ×奥行き246ミリ・2.5キロ。Core i7プロセッサーを採用するなど、一部スペックが異なる下位モデル(実売価格例:39万420円)も用意している。

使い勝手も申し分なく、主従2画面の表示を瞬時に入れ替えたり、一つのウインドウを2画面にまたがって表示させたりなど、便利な機能を多数搭載。もちろん、セカンドディスプレイ側に、アプリを自由に表示することも可能だ。

パソコンに新風を吹き込む第2の窓に注目!

画像: キーボードの上部に14.0型のタッチ式ディスプレイ「ScreenPad Plus」を搭載。サブ画面として利用可能なほか、付属ペンを使って液晶タブレットとしても活用できる。

キーボードの上部に14.0型のタッチ式ディスプレイ「ScreenPad Plus」を搭載。サブ画面として利用可能なほか、付属ペンを使って液晶タブレットとしても活用できる。

ともすれば、斬新なセカンドディスプレイばかりに目が行ってしまうが、スペック面も充実している。上位モデルでは、第9世代のCore(コア)i9プロセッサーをはじめ、32Gバイトの大容量メモリーを備えるなど、正真正銘のハイエンド仕様。広色域に対応した有機ELパネルを採用したメインディスプレイに加え、高い描画性能を誇るNVIDIA(エヌビディア)製のGPU、GeForce(ジーフォース)RTX 2060を搭載するなど、グラフィック性能も極めて高く、動画や写真編集など、クリエイティブな作業も余裕でこなせる。

アルミ素材を駆使したこだわりのデザイン

画像: ZenBookシリーズ伝統のデザインを維持しつつ、天板と底面はすべてアルミ製とするなど、高級感も演出。繊細なスピン加工が施された天板も実にスマートだ。

ZenBookシリーズ伝統のデザインを維持しつつ、天板と底面はすべてアルミ製とするなど、高級感も演出。繊細なスピン加工が施された天板も実にスマートだ。

4K2画面ノートという先進的な試みを、これほど高レベルにクリアしたのは、さすがというほかない。数あるWindowsノートを代表する旗艦モデルとして、パソコン愛好家たちの羨望の的となりそうだ。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

文/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.