アイリスオーヤマは、設置直後から音声で操作できる4K対応液晶テレビ「音声操作 4K対応液晶テレビ」7機種を、2019年11月20日から順次発売。テレビ事業に本格参入することを発表した。「音声操作 4K対応液晶テレビ」は、無線LAN環境、スマートスピーカー、スマホアプリを設定することなく、ユーザーはテレビを直接コントロールできる。全国の家電量販店、ホームセンターを中心に販売し、初年度5万台の出荷を目指す。

ウェイクアップワードは「ねえ、るか」 

今回発売する「音声操作 4K対応液晶テレビ」は、高性能の音声認識回路とマイクを内蔵した音声操作リモコンが、聞き取った指示内容を赤外線コードに変換した信号としてテレビに送り、操作できる。
スマートスピーカー使用時と比較して、音声認識から操作までの応答が速く、手軽に操作できる。音声で操作ができるため、買い物帰りや乳幼児連れで両手が塞がっているとき、リモコンが見当たらないときといった様々な利用環境に対応できる。

音声操作モードを起動するウェイクアップワードは「ねえ、るか」または「るか、てれび」。
そのワードに続き、予め設定された27種類の操作ワードを音声操作リモコンに向かって発話するだけで、電源のオン・オフやチャンネル変更、音量の調整などを手軽に操作できる。
対応するテレビは、フロントスピーカーモデル3機種とベゼルレスモデル(ディスプレイ外側の縁が薄いモデル)4機種。好みや生活空間に合わせて選択できる。

画像: ウェイクアップワードは「ねえ、るか」

音声操作リモコンの特長 

設置してすぐに音声操作ができる

画像: 設置してすぐに音声操作ができる

その他の特長

・音声操作モードを起動するウェイクアップワードの「ねえ、るか」または「るか、てれび」を聞き取ると自動でテレビの音量を下げるため、誤認識を防ぐ。

・付属のブラケットを壁に取り付けることで音声操作リモコンを壁掛けできる。付属のブラケットは付属ビスのほかに両面テープでも取り付けができるため、壁に穴を開けずに取り付けできる。

画像1: その他の特長

操作方法 

① 音声操作リモコンに「ねえ、るか」または「るか、てれび」と話しかける。
② 音声操作リモコンのランプが緑色に2回点滅し、青色に点灯。
③ 音声操作リモコンに操作キーワードを発話。
・追加の操作がなく6秒経過するとインジケーターは消灯して待機モードになる。
・青色点灯中(約6秒以内)に操作キーワードを話しかけると連続して操作ができる。

画像: 操作方法

音声操作4K対応液晶テレビ 共通特長 

1.豊かな色彩と細部まで細かな映像を自然に再現

当社独自のチューニングが、自然の色彩と美しさを引き出すとともに、過度な鮮やかさを抑えることで、自然な美しさが目にも優しい映像を表現している。

2. HDR対応でより自然な美しさを実現

HDR対応により、表示できる明るさの幅が広がり、色の表現力が上がるため、より一層美しい映像が楽しめる。

フロントスピーカーモデル 商品特長 

フロントスピーカーと高音質技術で大迫力のサウンドを実現

フロントスピーカーを搭載することでダイレクトに音を体感できる。また、スピーカーボックスが従来品では表現の難しかった重低音も再現するため、クリアで迫力のあるサウンドで映像を楽しめる。

画像: フロントスピーカーと高音質技術で大迫力のサウンドを実現

ベゼルレスモデル 商品特長 

1. フレーム幅を従来品よりも薄くしスッキリしたデザインに

従来品に比べフレーム幅を薄くすることで、より大きく画面を感じられ、迫力ある映像を楽しめる。

2. 広視野角液晶でどの角度からでも鮮やかに

広視野角液晶を採用することで、自然で美しい映像を再現するとともにどのアングルからでもむらなく、くっきりした映像を楽しめる。

画像: 2. 広視野角液晶でどの角度からでも鮮やかに

その他の特長 

・録画用HDD(別売)を使うと視聴中に裏番組を録画※2できます。
・HDDを2台接続可能なため、複数の録画コンテンツを保存※3できます。
・応答速度6.5ms※4対応で動きの速い映像もきれいに表現できます。(フロントスピーカーモデル)
※24TB以下のテレビ録画用のHDDを使ってください。
※32番組同時録画対応不可。

画像2: その他の特長

This article is a sponsored article by
''.