真空圧力IHジャー炊飯器の新ラインアップ、炊飯容量5.5合の「RC-10VPN」に注目だ。ムラを抑えた加熱が行える丸底形状の「備長炭本丸鉄釜」と、真空&圧力を制御する独自技術の組み合わせによって、炊飯時間の短縮を実現したのが大きな特徴。

東芝
RC-10VPN

備長炭本丸鉄釜と真空&圧力制御で時短を実現したIHジャー炊飯器

●実売価格:10万7600円程度

東芝ホームテクノは、真空圧力IHジャー炊飯器の新ラインアップとして、炊飯容量5.5合の「RC-10VPN」を発売した。ムラを抑えた加熱が行える丸底形状の「備長炭本丸鉄釜」と、真空&圧力を制御する独自技術の組み合わせによって、炊飯時間の短縮を実現したのが大きな特徴。

画像: 備長炭本丸鉄釜と真空&圧力制御で時短を実現したIHジャー炊飯器

おすすめの「本かまど」コースなら、3合の白米を約38分、玄米と白米を混ぜて炊く「玄米・白米混合」コースでも、3合を約60分で炊き上げることができる。また、スマートタッチパネルを採用しているので、迷うことなく直感的に操作することが可能だ。

画像1: 【東芝IH炊飯器】真空&圧力制御で時短を実現した「RC-10VPN」
画像2: 【東芝IH炊飯器】真空&圧力制御で時短を実現した「RC-10VPN」

●問い合わせ先:東芝ライフスタイル 0120-1048-76

※この記事は『特選街』2020年1月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.