【ダンロップ NEXTIII】最新技術が結集したタイヤが登場!新ポリマーやバイオマス素材に注目

スポーツ・アウトドア

ダンロップ(住友ゴム)の「エナセーブNEXT III」は、「水素添加ポリマー」と新しいバイオマス素材「セルロースナノファイバー」で、環境負荷を軽減しつつ、グリップ性能の長期間維持と乗り心地を両立することに成功した。

水素添加ポリマーやバイオマス材料などの新素材を開発し、
新品同様の性能を長期間維持!

●ダンロップ
エナセーブ NEXT III

AIを活用した研究開発、水素添加ポリマー、セルロースナノファイバーなど、ダンロップの「スマートタイヤコンセプト」に基づく主要技術をつぎ込んだ低燃費タイヤ。経年変化によるウエットグリップ性能の低下を半減した。

自動車用タイヤに求められる性能は、複雑・多様化している。理想的なタイヤは、濡れた路面でも高いグリップ力を発揮しつつ、その性能を長期間維持。さらに、燃費もよく、環境負荷が軽いことが求められる。

その実現のために、ダンロップ(住友ゴム)の「エナセーブNEXT III」には、さまざまな技術が投入されている。

中でも、「水素添加ポリマー」と新しいバイオマス素材「セルロースナノファイバー」を投入したことが、大きなポイントといえる。

まず、水素添加ポリマーは、簡単にいうと従来のポリマー(ゴムの役割をする素材)に比べて、非常に劣化しにくいのが特徴。強い力がかかっても分子の結合が切れにくく、もし分子結合が切れたとしても元に戻る可能性があるという。

水素添加ポリマーによる経年変化の抑制
物理的に強い力がかかっても劣化しにくいうえに、化学的な変化も起こりにくい「水素添加ポリマー」を開発。経年変化に強いタイヤを実現している。

これを採用したことで、タイヤの亀裂摩耗が27%、物理変化と化学変化を合わせた総合的な変化が62%、そして経年劣化が50%、それぞれ抑制されたという。

つまり、長期間使用してもグリップ力、特にウエットグリップ性能(濡れた路面でのグリップ力)を維持することができ、高い安全性能を誇るタイヤが実現したというわけだ。

さらに、天然素材をベースとしたセルロースナノファイバーを、世界で初めてタイヤの構造材に採用。

環境負荷を軽減しつつ、グリップ性能の長期間維持と乗り心地を両立することに成功。タイヤの性能を示すラベリングは「AAAa」の最高ランクを実現している。

セルロースナノファイバーを採用
バイオマスを構造材に採用し、タイヤの寿命を延ばす周方向の剛性を維持しつつ、乗り心地を決める径方向の剛性は柔らかくした。

ダンロップが、空気入りゴムタイヤを実用化してから130年以上たっているわけだが、これからも自動運転や温暖化対策を見据え、さらに進化していきそうだ。

●解説/福多利夫
ホビーや家電、デジタルグッズが大好きで、その仕組みが気になっちゃうフリーライター。家電製品協会認定の家電総合アドバイザーでもある。

イラスト:中山昭(絵仕事 界屋)

スポーツ・アウトドア
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース