薄く軽く仕上げられたボディに、最高級のスペックを詰め込んだ本製品。最上位の「LV950/R」は、15.6型の4K有機ELディスプレイを同社として初採用。ハイスペックだけに、通常の使用はもちろん、ゲームや画像編集、動画編集など負荷の高い作業も、難なくこなすハイパワーモデルだ。

NECがデザインと性能を両立した高級ノート&デスクトップを投入

各社から春パソコンが発表されているが、意欲的なのがNECだ。特にフラッグシップモデルは、ノート、デスクトップとも、性能とデザインの両面で妥協なく作り込まれ、新しいLAVIEへと生まれ変わっている。

まず、ノートのフラッグシップとして投入されたLAVIE VEGA(ラヴィ ベガ)。薄く軽く仕上げられたボディに、最高級のスペックを詰め込んでいる。最上位のLV950/Rは、15.6型の4K有機ELディスプレイを同社として初採用。CPUにはCore(コア)i7-9750Hを搭載。メモリーは16Gバイト、ストレージはSSDが1Tバイトに加えて、インテルのOptane(オプテイン)メモリーを32Gバイト装備。通常の使用はもちろん、ゲームや画像編集、動画編集など負荷の高い作業も、難なくこなすハイパワーモデルとなっている。

デザインへの注力も、ハイエンドならでは。アルマイト加工が施されたアルミボディは、高級感抜群だ。さらに、最上位モデルにはガラス天板を採用。排気口が見えないように配慮されたヒンジや、ベゼルを極限まで細くしたディスプレイなど、見どころも多い。

NEC
LAVIE VEGA

新シリーズのVEGAには、NEC初の4K有機ELディスプレイを採用

●実売価格例:31万3280円(LV950/RALモデル)

画像: プレミアムノートの新シリーズ。上位モデルには同社初の 4K有機ELディスプレイを採用 し、Core i7-9750Hプロセッサー、Wi-Fi 6(11ax)を搭載するなど、LAVIE史上最高性能をうたう。最上位のLV950/Rは、天板がミラーガラスで覆われ、さらなる高級感を実現している。

プレミアムノートの新シリーズ。上位モデルには同社初の4K有機ELディスプレイを採用し、Core i7-9750Hプロセッサー、Wi-Fi 6(11ax)を搭載するなど、LAVIE史上最高性能をうたう。最上位のLV950/Rは、天板がミラーガラスで覆われ、さらなる高級感を実現している。

続いて、デスクトップのLAVIE Home All-in-oneだが、最上位のHA970/Rは、CPUに最新のCore i7-10510U、ストレージは3TバイトのHDDに256GバイトのSSDの組み合わせと、こちらもハイスペック。27型の超狭額縁ディスプレイは、音が出る「Crystal Sound Display」を採用。ヤマハ製AudioEngineと相まって、迫力の動画視聴を実現する。

NEC
LAVIE Home All-in-one

●実売価格例:26万9280円(HA970/RABモデル)

画像: インテリア性の高いカフェボードデザインを採用。ベゼルを極限まで省き、正面からは画面しかないように見えるほど。本体カラーは、ファインブラックとファインホワイトの2色展開。

インテリア性の高いカフェボードデザインを採用。ベゼルを極限まで省き、正面からは画面しかないように見えるほど。本体カラーは、ファインブラックとファインホワイトの2色展開。

使い勝手の面では、通知領域に常駐する「LAVIE AIエージェント」が搭載され、音声で対応アプリの操作が可能。天気予報や予定を確認したり、テレビアプリの操作ができたりと、便利だ。

スリープ時も呼びかけに反応!

画像: コルタナを使い、スリープ時でも音楽再生やスケジュール確認が可能。最上位モデルは、コルタナと連動して天板のロゴが光る機能も搭載。

コルタナを使い、スリープ時でも音楽再生やスケジュール確認が可能。最上位モデルは、コルタナと連動して天板のロゴが光る機能も搭載。

※価格は記事作成時のものです。
文/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.