薄さ3.9ミリで壁に貼れる有機ELなどLGの4K&8Kテレビに注目!

有機ELテレビを核として、充実したラインアップを誇るLGのテレビが一新された。

まず有機ELだが、8Kチューナー内蔵の最上位モデル「ZX」を筆頭に、別体のディスプレイ部を壁にピタリと固定できる「WX」、すき間なく壁掛けできる「GX」、画質重視のスタンダード「CX」、入門機「BX」という全5シリーズ11機種の構成。

液晶についても、新たに8Kチューナー内蔵のNANO99が登場し、有機EL、液晶ともに、同一グループ内で開発・製造している強みを強烈にアピールしている。

orange有機EL搭載モデルだけで5シリーズを展開!

パネルチューナーシリーズ名サイズ
有機EL8KOLED ZX88V、77V
4KOLED WX65V
OLED GX65V、55V
OLED CX77V、65V、55V、48V
OLED BX65V、55V
液晶8KNANO9975V、65V
4KNANO9186V、75V、65V、55V
NANO8649V

LG
OLED WXシリーズなど
実売価格例:70万4000円(OLED65WXPJA)

画像: WXシリーズは、壁に掛けられた1枚の絵のように設置できる超薄型の4K有機ELテレビ。ディスプレイ部の薄さは約3.9ミリで、重量も7.6キロと軽く、付属の取り付け金具を使えば、壁面にスッキリ設置できる。

WXシリーズは、壁に掛けられた1枚の絵のように設置できる超薄型の4K有機ELテレビ。ディスプレイ部の薄さは約3.9ミリで、重量も7.6キロと軽く、付属の取り付け金具を使えば、壁面にスッキリ設置できる。

4K有機ELでは、他社にはない超薄型パネルを採用し、文字どおり「Picture on Wall」(壁掛け画)スタイルが可能なWXに注目したい。ディスプレイ部は約3.9ミリという薄さで、壁に貼るように設置が可能。別体のスピーカー部とフィルム型ケーブルでつなぐことが必要だが、ディスプレイ部固有の電源は必要ない。画質についてはほかのモデルと同等(BXは除く)だが、単体スピーカーの音質メリットは大きく、ワイドレンジで、明瞭度の高いサウンドが楽しめる。

壁面に密着する新スタイルを提示

画像: orange有機EL搭載モデルだけで5シリーズを展開!

有機EL、液晶それぞれ2機種、計4機種の8Kテレビが登場したことも大きな話題だ。同社初の8Kチューナーを内蔵し、HDR10、HLG、ドルビービジョンという3タイプのHDR方式をサポート。液晶パネルは、斜めから見ても発色やコントラストの変化が少ないIPS方式で、色純度が高く、コントラストにも優れたナノセルディスプレイの技術を投入した。

8K液晶初のIPSパネル機も!

画像: 写真は、LG「65NANO99JNA」 77V/88V型の8K有機EL、65V/75V型の8K液晶が登場。いずれも、8Kチューナー内蔵で録画にも対応する。

写真は、LG「65NANO99JNA」
77V/88V型の8K有機EL、65V/75V型の8K液晶が登場。いずれも、8Kチューナー内蔵で録画にも対応する。

8Kチューナー内蔵テレビは液晶のみのシャープ、ソニーに続き、LGが有機ELでも投入したことで、ユーザーの関心は一気に高まる可能性がある。

※価格は記事作成時のものです。

文/藤原陽祐(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.