DJIが、最新型の空撮対応ドローン「Mavic Air 2」を発売した。大ヒットした折り畳み式ドローン「Mavic Air」(2018年発売)の後継モデルだ。撮影性能も飛行性能も大幅に進化しており、初心者でも簡単に本格的な空撮を楽しむことができる。

DJI 
Mavic Air 2

●価格:
標準パッケージ=10万5600円
Fly Moreコンポ=13万2000円
 

DJIが、最新型の空撮対応ドローン「Mavic Air 2」を発売した。

画像1: DJI Mavic Air 2

この製品は、大ヒットした折り畳み式ドローン「Mavic Air」(2018年発売)の後継モデル。撮影性能も飛行性能も大幅に進化しており、初心者でも簡単に本格的な空撮を楽しむことができる。

画像2: DJI Mavic Air 2

撮像素子には、クアッドベイヤー配列の1/2型・1200万画素CMOSを採用。4K/60fpsの高品位動画のほか、1080p/240fpsの8倍スロー、8Kハイパーラプスなどの独自映像も撮影可能だ。また、最大34分のロングフライト、最長6キロからの長距離HD動画伝送も実現している。

●問い合わせ先:DJI JAPAN ⇒https://www.dji.com/

※この記事は『特選街』2020年8月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.